2021年08月02日

善きサマリア人 No.0262

暑さに溺れる善きサマリア人。
最近、ネットでアートニュースを見ていると横尾忠則の名前を
よく見かける。
横尾忠則はコラージュ作家であり、空っぽの作家だが、ニュース
記事にはレジェンドとか書いてあるので苛立つ。
横尾の娘も絵を描いているようで、こちらも"色彩の魔術師"とかいう
キャッチコピーが付いてたりする。
こんな連中が偉そうにアートを語ることが許せない。




2021.08.02 kazuo Adamski oil on canvas F8 op579
"Good Samaritan No.0262"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2021年08月01日

"when depressed"

絶望や孤独は自己責任なのだろうか。
富裕者には、貧者は野良犬より汚らわしい存在だろう。
いつの日か、必ず復讐してやる。
この命を落としても。



2021.08.01 kazuo Adamski oil on canvas F20
"when depressed"
posted by monet at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

天然ぶりのさしみと沢庵ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
米酢 多めぶっかけ
天然ぶりの刺身 少量
つま 少量
たくあん 少量

エネルギー 798Kcalくらい
タンパク質 31グラムくらい


一言:
昨日、岡田斗司夫という人物が"アートは終わった"と語る
切り抜き動画を見た。
ひろゆき同様に視野が狭く知識の浅い発言内容だった。
アートの文脈のなかに村上隆はいるが、村上隆は本流では
なく、アートのカテゴリーのなかの枝葉に過ぎない。
アートの本流は現在でも平面ペインティングであり、
現代アートを語るのであれば、村上隆ではなく、デビッド・
ホックニーやゲルハルト・リヒターを筆頭に語るべきである。
現代アートの本流に現在いるのは、上記の二人のほか、セシリー・
ブラウン、ピーター・ドイグ、ダニエル・リヒター、ヘルナン・バス、
エイドリアン・ゲニーなどで、コンセプチャル・アートというのは
アートのなかの部分に過ぎない。
本日は暑かったので涼しそうな料理にしようと
お刺身を買ってきたが、見た目、あまり美味しそうではない。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2021年07月31日

とうもろこしとオクラの鶏むねひき肉ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒鶏ガラスープ 少々
しょう油 少々
オリーブオイル 少々
鳥むねひき肉 120グラム
トウモロコシ 1本
オクラ 8本
コショー 少々
ラー油 少々
米酢 多めぶっかけ

エネルギー 946Kcalくらい
タンパク質 37.4グラムくらい




一言:
アートの本質は差別であって、アート上級者がアート下級者を
排斥することで、その上級の地位を保っている。
アートは「愛」だとか、「希望」だとかいう人たちは、おそらく
裏で「愛」のないアート下級者排斥をしているだろう。
私はアート下級者というより、そのアートの枠から外れたところ
にいる、いわば不可触民なのでアート上級パラレルワールドの競争
には無縁である。
本日、トウモロコシがお安かったのでトウモロコシご飯。
贅沢にもオクラをトッピング。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

“adagio”

多様性社会のなか、芸術の概念だけ共通するというのは
ありえないことで、個人の多様化と共に概念も多様化する。
抽象表現主義なんて古い概念だという人もいれば、まだまだ
深堀できる概念と考える人がいても良いだろう。
概念が古いとか新しいという解釈ではなく、パラレルワールド
の概念界を往来して楽しめばいい。
私の絵だって概念的には古いものだが、私が描いた同じ絵を
昔の誰かが描いていたかというと、そうでもないだろう。
誰も見たことがない絵を描いているのだから、それは新しい
絵といえなくもない。






2021.07.31 kazuo Adamski oil on canvas F8 op578
“adagio”

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2021年07月30日

ブロッコリーの鶏むねひき肉カレー味ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒鶏ガラスープ 少々
カレー粉(赤缶) 大さじ1
オリーブオイル 少々
鳥むねひき肉 120グラム
ブロッコリー 1株
コショー 少々
ラー油 少々
米酢 多めぶっかけ

エネルギー 849Kcalくらい
タンパク質 37.3グラムくらい




一言:
絵が上手くいかないと、生きているのも嫌になる。
過去の嫌な思い出ばかりが頭に浮かんできて、時々発狂する。
人に笑われながら絵を描き続けるというのは辛いものだ。
なぜ、日本人は弱い人間を笑うのだろうか。
私は日本人だが、日本人が大嫌いだ。
本日、ブロッコリーがお安かったのでブロッコリーご飯。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

善きサマリア人 No.0261

本日の東京新規感染者数が5000人を超えるに100イーサリアム
賭ける善きサマリア人。
NFTのクリエーター審査に合格したらNFTで作品を販売していこうと
考えている。
イーサリアムはこれから急騰する可能性があるので、マーケットに
登録するなら早い方がよいと思う。
売れないだろうが、月1回のペースで販売してみて様子をみてみようと
思う。
売れなくても、継続していれば誰かの眼にとまる日がくるかもしれない。
頑張ってみよう。
富豪の善きサマリア人さん、NFTに参加した時にはぜひ私の作品を落札
してやってください。



2021.07.30 kazuo Adamski oil on canvas F8 op577
"Good Samaritan No.0261"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論