2019年04月25日

平成最後の大安

平成という時代は格差拡大と共に、成功者信仰のような
ものが広がり、お金持ちの人をやたらと褒めたたえる事態と
なっている。
成功者と自分を重ね合わせ、自分は優れていると勘違いして
いる自己愛性パーソナリティ障害(NPD)が大量発生し、
劣っていると思われる人たちを見下し排斥する。
NPDの能力はバーチャルなので、他者の作品を盗み、あらゆる
場面で嘘を吐く。
NPD者と上手く付き合う方法などなく、障害だからといって
寛容に接すると大けがする。
美男、美女、おしゃれな人、鏡をやたら見る人、早口の人、
資産家・有名人好きなどには近づかない方が良いと、成功できて
いない私は考える。




CIMG1522.JPG
2019.04.25 kazuo Adamski  wax oil on paper 
380mm by 540mm "Lambda"
posted by monet at 07:36 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月24日

熟女シリーズ

他人にヘボいと言われてもめげずに描き続けてます。
日本人の多くは写真のような絵が良い絵と考えている
ようで、日本人の絵画に対する眼識は欧州などとくら
べても低いように感じる。
ハイパーリアリズムなどの絵は細分化した塗り絵に
すぎないことを知らない人が多すぎる。
絵画未経験のひとでも写真のようなリアリズム絵画は
すぐにでも描けるのです。
絵画にとっての課題は写すことではなく、表現する
ことでしょう。
ゴッホはゴーギャンに耳の位置がヘボいと作品を評され
自分の耳を切り落とした。
他者の絵を評するときは言葉を選ぶべきだ。
これからも、めげずに描き続けます。





CIMG1521.JPG

2019.04.24 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Mature lady [M] "


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
Production day 5
posted by monet at 10:28 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月23日

"Dependent"

この絵の問題点は作品のサイズであり、100号で
同じ絵柄を描けば見栄えはするだろう。
現在、F8号の小品制作と並行してF100号の具象画
を描いているが、こちらは一向に仕上がらない。
具象だが、この世に存在しないモノを描いているから、
どう表現すればよいか解らない。
見たことがないものを抽象表現するのは簡単だが、
それを具象化するのは難しい。
そんな絵は描かなければ良いというのが正解なんだろう。






CIMG1520.JPG

2019.04.23 kazuo Adamski  oil on canvas   F8
  "Dependent"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
posted by monet at 13:44 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月21日

ドーパミン

前作が暗い絵になったので、今作は明るい絵にしようと、
意識し過ぎて暗色を配置できない事態に。
今年の2月頃描いていた抽象の方が、まだ可能性はあった
だろう。
次回作は黒線を重ねて構造を探っていこう。
カオスを恐れず暗黒の世界に入って行こう。






CIMG1519.JPG
2019.04.21 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"The Dopamine"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 10:57 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月20日

熟女シリーズ

この作品、ソフトデフォルメだが、私のデジタルカメラでは
顔として認識してくれない。
顔はデフォルメで背景と服はアブストラクトではあるが、次元の
相違はあまり感じない。
次回はアブストラクト的デフォルメの作品を描いてみよう。
目や鼻、口がなくても人物に見えればいい。
頑張ろう。





CIMG1518.JPG

2019.04.20 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Mature lady [L] "


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
Production day 5
posted by monet at 11:13 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月19日

クレヨン

部屋の掃除をしていた時に出てきたクレヨンで画用紙に
描いてみた。
18歳の時に買った物だが、劣化もしておらず普通に
描ける状態。
あと一枚はくらいは描いてみようか。


CIMG1517.JPG

2019.04.19 kazuo Adamski  wax oil on paper 
380mm by 540mm "Switch"


Production
posted by monet at 19:26 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月18日

Notre Dame

制作1日目以外は、ほとんど装飾的、工芸的作業ばかりで、
つまらないものになってしまった。
途中、工芸品にならないよう、汚す作業をしたものの、効果は
あまりでていない。
こんな絵でも1年後に見れば秀作に見えるかもしれない。
今回の作品は色数が少なすぎるので、次の作品は多色で色彩
を楽しもう。





CIMG1516.JPG

2019.04.18 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"The Hunchback of Notre Dame"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:32 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論