2017年01月01日

見通し

2016年11月から始まったトランプラリーでドル円が118円台まで
ドル高が進み、日経平均株価も19,000円台に乗せることができた。
日経平均株価の上げ下げは為替値しだいであり、トランプ大統領が
ドル高政策を選択すれば日経平均株価も2万円台回復もありえるだ
ろうが、ドル安政策をとった場合、日経平均株価は再度15,000円を
割る事態も考えられる。
ただ、トランプ政権の中枢にゴールドマンサックス関係者がいる
ことで、ドル高継続の可能性のほうが高いと思わっる。
結局、ドル高だとウォール街にマネーが集まってきてゴールドマン
サックスが儲かるということだろう。
日経平均株価も為替値もユダヤの手中にある。

https://www.youtube.com/watch?v=zL_Cb1If1K4
posted by monet at 08:05 | TrackBack(0) | 日記