2017年01月08日

見通し

1月20日、ドナルド・トランプが米国第45代大統領に就任する。
彼の一連の行動は国民を挑発することで、士気を鼓舞すると
いう大衆操作の一種なのかもしれないが、米国民というのは
相手の言葉の行間を読んで理解するような人たちではなく、
トランプの挑発はヘイトクライムへと発展するだけと思える。
20日の大統領就任式に向け米国各地でデモが拡大する可能性
も高く、デモにより死者が発生するような事態となれば、トランプ
ユーフォリアなどと言ってられなくなる。
政治不安の一方で米ダウ指数は2万ドル手前まで来ているので、
20日までに2万ドルを超えることは確実だろう。
ドル円も再度120円に接近し、日経平均株価も2万円台にのせ
てくると予想される。
現在、マーケットは現実との乖離を黙認している状況なので、
いつかは株価暴落という形で現実を織り込むことになるだろう。


買い 五洋 不動 ゼニス 三精



https://www.youtube.com/watch?v=26CkOUpKHII
posted by monet at 10:43 | TrackBack(0) | 日記