2017年03月12日

鍋屋横丁芸術論

生き残れれば、書いてみようかと。
posted by monet at 18:19 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

Artist Statement

医師による診断はないが、おそらく多動性障害なので、
抽象表現主義からリリカル、ミニマム、具象はフォトリアリズムから
デフォルマシオンまで雑多の制作。
抽象・具象の作品を4枚ほど同時進行で描いていく。
芸術思考としての方向性は抽象だが、デフォルメ具象も捨てがたい
ところもあるので、抽象・具象を並行して描く。
抽象においては、基本的に四角、丸、三角のフォルムが画面にあれば
絵画としての充分条件を満たすと考えており、キャンバスの形が四角
なので、画面のなかには丸と三角だけあればよい。
具象においては、基本デフォルメ優位の考えなので、写真のようなリアリズム
を求めるのではなく、絵画としての良いフォルムをデフォルメ行為のなかで
探る。


2018.8-29から雅号を伊豆和夫からKazuo Adamski に変更。





2018.8.29   Kazuo Adamski  (kazuo izu)
posted by monet at 18:15 | TrackBack(0) | Artist Statement

見通し

3月15日のFOMCで利上げが発表されるのは、ほぼ確実で、
あとは年内に何度利上げをするかと、トランプ大統領の
減税政策の中身に焦点が移ってくる。
ドル円114円後半の現在値は3月利上げを織り込んだ数値
なので、利上げ発表後にさらにドル高円安が加速するのは
考えにくい。

利上げが発表されると米株が下落する可能性は高く、日経
平均株価も19000円を割れる事態になるかもしれない。
米国の「利上げ減税政策」と真反対に日本は「利下げ増税策」
を実施しており、これは日本から米国へお金が流れるように
仕組まれた政策のような気もする。


日本は米国の財布であり、トランプ大統領の減税政策の財源は
日本という推測は間違っていないかも。




買い ドル ジャパンシステム





https://www.youtube.com/watch?v=Q2oTTc-1ML0
posted by monet at 10:00 | TrackBack(0) | 日記