2017年11月18日

描いてみた、捨ててみた

何の計画もなく、とりあえず色を置いてみた。
線を描いてみた。黒で汚してみた。
心を揺さぶるものが見えないので、部屋の片隅に
捨ててみた。
乾いてない絵はホコリを吸着し小突起のマチエール
を形成する。
もはやゴミだが捨てるには惜しい。


艶が失せた画面にワニスを引いてみた。
艶は出たが感動はない。
また部屋の片隅に捨ててみた。
もはやゴミだが捨てるには惜しい。


CIMG1115.JPG
oil on canvas F0 "Purification ceremony" 
2013.7 kazuo izu

https://www.youtube.com/watch?v=QRjllL-MP0U
posted by monet at 17:06 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

絵画と差別とサイコパス

感情が欠如しているといわれるサイコパスの人たち。
サイコパスの人たちは一般的に抽象絵画を好むようで、
抽象絵画の理解者とサイコパスの出現率はほぼ合致する。

抽象絵画を好まない大勢の人たち。感情が豊かで、家族、
仲間を愛し感傷的具象絵画を好む人たちである。
このサイコパスでない人たちは家族や仲間を愛するが、
家族や仲間でない人間を差別し排除し攻撃する。

美人画をみて癒されるという人は当然不美人の絵には
癒されない。
美人は許すがブスは許さない、所謂、優勢思想を持ち
美人で頭脳明晰者だけを優遇する。
この人たちはサイコパスではない。普通に家族・仲間
を愛する人たちである

サイコパスでない多くの人たちが語る愛などというもの
は所詮偽善である。サイコパスの人たちは偽善を見抜い
ているからこそ感情を隠し友愛の人たちからの攻撃に備
えているのかも。

結論として、抽象絵画に愛はないが、差別もない。
あるのは、色と線と形と動きだけ。
それだけでいいではないか。 


01258.JPG
oil on canvas F100 kazuo izu  
2017.3 "The Incitement"


https://www.youtube.com/watch?v=jEc_r33ODos
posted by monet at 06:47 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2017年11月16日

餓死

お腹が空きました。
おにぎり一個いただけないでしょうか。
お腹が空きました。
水を一杯飲ませていただけないでしょうか。
お腹がすきました。
おにぎり一個いただけないでしょうか。


2015-06-20 17.15.53.jpg
oil on canvas  F10  [530mm x 455mm]
 "Hunger” kazuo izu  2015.06.20

https://www.youtube.com/watch?v=QbR_tKSXLtQ
posted by monet at 18:01 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2017年11月15日

ただの四角

主義も主張もありません。ただの四角です。
ただ、画面に四角があるだけです。
つまらないですか。つまらない事はいけない
ことでしょうか。
特別でなければいけないのでしょうか。

セーラー服娘も美女も描いてません。ただの四角です。
ただ、画面に四角があるだけです。
つまらないですか。つまらない事はいけない
ことでしょうか。
特別でなければいけないのでしょうか。

ただの四角です。ただの四角です。



2015-01-11 20.05.19.jpg
Oil on canvas  F10  [530mm x 455mm] 
" Sentimental rectangle ”  
kazuo izu 2015.01.10

https://www.youtube.com/watch?v=ILbn6kECWF0
posted by monet at 09:06 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

リリカル・アブストラクト

リリカル・アブストラクト、叙情的抽象主義であり
抽象表現主義の絵よりエッジは柔らかく、ゆったりと
している。
描かれているものが、具体的な何物である必要もなく、
何物でもない何かが絵の中に存在する。
何物でもない何かが何なのかを探り続けるのが芸術な
のかも。
その何かは物質ではなく、芥川龍之介の遺書「ぼんや
りとした不安」のような心理的様子だったりするのか
も。


2016-07-28 19.18.26.jpg
oil on canvas  F10  [530mm x 455mm]
 "Advent” kazuo izu 2016.07.28

https://www.youtube.com/watch?v=ef-4Bv5Ng0w
posted by monet at 04:52 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2017年11月14日

エロティシズム

エロティシズムを抽象表現しようとした時、エロティシズム
の形を考えたのだが、四角は男性的で、丸は母性的、ひし形は
女性器そのものになってしまい期待ではなくなってしまうので、
ひし形の半分である三角形こそがエロティシズムの形だろうと
三角形を描いてみた。

エロティシズムというのは、免疫抗体を作るための誘導であり、
細菌摂取への期待である。
ゆえに、エロティシズムを薄汚れた三角形で表現するのは正しい
ことかもしれない。




2014-10-08 20.23.04.jpg
oil on canvas  F10  [530mm x 455mm] 
"Infection”  kazuo izu 2014.10.08


https://www.youtube.com/watch?v=oVGNsz3b6vE
posted by monet at 14:54 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

ミニマリズム

ミニマリズム、必要最小限を目指すわけだが、画面中央に
横たわる長方形と右下部にある小さな円形、どちらを残した
ほうが良いか。
長方形だけだと退屈で、円形だけだと少し寂しい。
この二つが残ることが最小限と言えなくもない。



ミニマリズムは侘びの世界だから、物足りなさを楽しめば
よい。






2015-03-06 15.03.25.jpg
Oil on canvas  F4  [333mm x 242mm] 
" Sleepy rectangle ” 
kazuo izu  2015.03.06

https://www.youtube.com/watch?v=Ka9SMD-TSP4
posted by monet at 00:00 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2017年11月13日

『一人ぼっちは絵描きになる』by 友川カズキ

これは12年ほど前に描いた作品。
作品が完成した直後に違和感を感じたので封印、11年間、見るこ
ともなかったが、昨年、絵の整理をしていたら奥のほうからこの作品
が出てきたので、しげしげと見ると、そんなに悲観するような作品
でもないと思い写真撮影してネットにアップした。

本年6月にゾゾタウンの前澤社長が123億円で落札したバスキアの
作品と質的にはさほど変わらない?のではと愚かな考えを抱いている。

ごちゃごちゃ感は強いが部分的に面白い表現をしている。
全体的にまとまりのないような作品でも部分が良ければその作品は
秀作と判断しても良いだろう。
ハイパーリアリズムの作品ように画面の隅々まで100%の出来を求
める必要もなく、不出来の部分こそが個性となるのだ。


CIMG0616.JPG
F50 oil on canvas kazuo izu 2005  
” die if see it 5 times”


https://www.youtube.com/watch?v=PD2nFtiyp9k
posted by monet at 10:31 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

『The new wife is made of silicon.』

CAST:
志保(後妻・ラブドール)
丑松(父・テキサス帰り)
ぬい(祖母)
みどり(娘)

丑松「みどりよ、新しい母さんだよ。」
みどり「母さんって、これ人形だよね。」
丑松「シリコンだけど母さんだよ。なぁ志保。」
志保「・・・・」
ぬい「丑松、お前正気か?」
丑松「陰毛が別売りで4,800円なんだよ。どうしようか。」
みどり「???」
ぬい「???」
志保「・・・・」

to be continued...  え、続くのか?

登場人物3人の視線が作り出す稲妻構図の中に立つ白い物体。
人間ではないので骨格を気にする必要もなく、ただ雰囲気
があればよい。

エロ・コレクターの小泉さんが見たならば唾を吐きかけそう
な絵ではあるが、これはこれでありとしましょう。

4,800円で陰毛を買って、画面に直接貼るとダダイズムの完成か。


死ぬまでに一度200号サイズの裸婦画を描いてみたかったが
無理のようだ。


CIMG0966.JPG
2017.6.15 kazuo izu  oil on canvas F8 
"The new wife is made of silicon." 

https://www.youtube.com/watch?v=eqqPvg-tD7Q
posted by monet at 10:25 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

「このハゲー!!違うだろ!!」by 元女性政治家

これはハゲおやじを面白がった絵ではない、放射線被ばくによる
脱毛及び甲状腺オペ切開痕、所謂、反原発がテーマの作品である。

「5回観たら死ぬ」の作品群は当初ポーランドの画家ベクシンスキー
風の作品に仕上げる目標で始めたが、途中から変節して被ばく者
を描くことにした。

カットキャンバスにF0号の枠を取り描いているが、今年7月から
始めて現在までの制作枚数50枚くらい。

モデルなしで描いているものや、自分の顔を写真撮影してハゲと
して描いているものなどまちまち。
このシリーズは100枚を描くことを目標にしているが、余命が短い
のであと数枚しか描けないかもしれない。

小さめのコンクリートパネルに上下2枚カットキャンバスを養生
テープで固定して2枚同時並行で描いているので2枚ずつ作風色調
が同じになっている。



CIMG1093.JPG
2017.10.24 kazuo izu  oil on canvas F0 
" die if see it 5 times "


https://www.youtube.com/watch?v=RssR_ckdDX0
posted by monet at 00:00 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論