2017年11月12日

フォト・リアリズム

写真を観て絵を描くのは云十年ぶり。
写真を観て絵を描けば、上手に観える絵が誰でも描けると知人に
は言ってきたが、実際に写真を観て描くと結構難しい。
F4号粗目のキャンバスなのでディテール描写も粗くなってしまう。
画面左の顎のラインや口中内の描写は比較的良好かもしれない。
画面右頬の赤味は少し抑えたほうが良かっただろう。
眼の付近の描写は乾いた筆でボカシながら詰めていけば良いかも。
バックの赤や服のベタ処理はこの程度で良いだろう。
あと少しグレーズで色をのせたあと白い点を加えていけば今より
は透明感のある作品になったかも。
フォト・リアリズムというのは原画写真そっくりな描写が100点レベル
であるが、100点に近づくほど芸術性は低下、赤点レベルのほうが芸術性
は高まるだろう。
つまり100点満点のフォト・リアリズム作品は写真の複製であって芸術性
はゼロということか。

自分がハイパーリアリズムと云えるレベルまで描写できていれば、また違った
思考が芽生えていたかも。


CIMG0835.JPG
2017.4.30 F4 oil on canvas kazuo izu


https://www.youtube.com/watch?v=rKwb9P1JtC4
posted by monet at 00:00 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論