2017年11月18日

描いてみた、捨ててみた

何の計画もなく、とりあえず色を置いてみた。
線を描いてみた。黒で汚してみた。
心を揺さぶるものが見えないので、部屋の片隅に
捨ててみた。
乾いてない絵はホコリを吸着し小突起のマチエール
を形成する。
もはやゴミだが捨てるには惜しい。


艶が失せた画面にワニスを引いてみた。
艶は出たが感動はない。
また部屋の片隅に捨ててみた。
もはやゴミだが捨てるには惜しい。


CIMG1115.JPG
oil on canvas F0 "Purification ceremony" 
2013.7 kazuo izu

https://www.youtube.com/watch?v=QRjllL-MP0U
posted by monet at 17:06 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

絵画と差別とサイコパス

感情が欠如しているといわれるサイコパスの人たち。
サイコパスの人たちは一般的に抽象絵画を好むようで、
抽象絵画の理解者とサイコパスの出現率はほぼ合致する。

抽象絵画を好まない大勢の人たち。感情が豊かで、家族、
仲間を愛し感傷的具象絵画を好む人たちである。
このサイコパスでない人たちは家族や仲間を愛するが、
家族や仲間でない人間を差別し排除し攻撃する。

美人画をみて癒されるという人は当然不美人の絵には
癒されない。
美人は許すがブスは許さない、所謂、優勢思想を持ち
美人で頭脳明晰者だけを優遇する。
この人たちはサイコパスではない。普通に家族・仲間
を愛する人たちである

サイコパスでない多くの人たちが語る愛などというもの
は所詮偽善である。サイコパスの人たちは偽善を見抜い
ているからこそ感情を隠し友愛の人たちからの攻撃に備
えているのかも。

結論として、抽象絵画に愛はないが、差別もない。
あるのは、色と線と形と動きだけ。
それだけでいいではないか。 


01258.JPG
oil on canvas F100 kazuo izu  
2017.3 "The Incitement"


https://www.youtube.com/watch?v=jEc_r33ODos
posted by monet at 06:47 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論