2017年11月28日

落とし穴

白い帯で分断された画面。
白い帯を残したまま画面をフラットに見せるには
どうすればよいか、考える。
株価が暴落しようが、テロ事件が発生しようが、
そんなことはどうでもよい。
この画面が、どうすればフラットに見せられるかの
ほうが重大だ。



20160215.jpg
oil on canvas  F10 
[530mm x 455mm] "White hole”
 kazuo izu 2016.02.15


https://www.youtube.com/watch?v=MkYSmIPBEGE
posted by monet at 20:53 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

怪しい白

画面の半分以上覆う白い部分を絵具の白として
みるか、空間としてみるかで作品の印象が違って
くる。
空間に見える部分は空間ととらえればよいだろうし、
白絵具と感じれば、それはそれでいい。
絵画制作のルールからズレたからといって、その
作品が絵画でなくなるわけではない。

誤解、錯覚、失敗、間違いから新しいものが生まれて
くるのだ。

怪しい絵画こそ未来だ。


CIMG0527.JPG

oil on canvas  F10  [530mm x 455mm] 
"China crisis” kazuo izu 2016.02.20

https://www.youtube.com/watch?v=y8ac1Qg-r-8&list=PLeaGvyx20dsFeQwrVgXQzn2x0uz5TqsR8
posted by monet at 09:35 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

自己防衛芸術

アフリカ少数部族が施しているボディペインティングに
惹かれて描いた作品。
顔を描いているのではなく、顔の表面のペイントを表現
しているので、具象ではなく抽象に類するものと考えて
いる。
少数民族の人達は美を意識してペイントしているのでは
なく、自己防衛の手段としてペイントしていると思われ、
顔などに描かれる斑点は感染症を模しているのだろう。




CIMG0913.JPG

2017.5.19 kazuo izu
oil on canvas F0
"Minority peoples"


https://www.youtube.com/watch?v=kOy6M_X2MO8&index=2&list=RDMMPuyYc0gINbU
posted by monet at 05:40 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論