2017年12月21日

怖い絵

上野で開催中の「怖い絵」展は連日行列ができる賑わいだが、
展示されている作品はほとんど具象絵画だろう。
怖いという意識は主観だから、抽象絵画では排除されるところ
ではあるが、音楽に「怖い曲」というのがあるのだから、「怖い
フォルム」、「怖い配色」を研究してみるのも面白いかも。
お金があれば「怖い抽象画」を描いて上野の森美術大賞展に出品
してみたいが、今は極貧なのであきらめるしかない。
「怖い絵」より貧乏のほうが怖い。



ff8c068764cf7f6a16a9686e46601e65.jpg
2017.10.17 kazuo izu  oil on canvas F0
  " die if see it 5 times "


https://www.youtube.com/watch?v=RssR_ckdDX0
posted by monet at 19:14 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

ゆるい時間

絵画の質と制作時間は比例しない。
2秒で描かれた作品が50時間かけて制作
された作品より質的に上だったり、絵画として
強かったりすることもある。
違いは何かといえば、緊張感なんだろう。
でも、緊張は持続できない。
完成を求めず、50時間ゆるく迷いながら制作して
もいいではないか。
ぼんやりした、進む道の方向だけ確認できればいい。


CIMG0948ii.JPG
2017.06.09 kazuo izu oil on canvas F0 
"Last June"


https://www.youtube.com/watch?v=3A19HSowZp0
posted by monet at 07:07 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論