2018年01月08日

多動性

現在、抽象作品2枚、具象作品2枚を取っ替え引っ替え
しながら同時並行で描いている。
絵具の乾燥を待つ時間に別の絵を描くという状況に
しているので、作業効率は良い。
宝くじでも当たれば、100号のキャンバスを10枚並べて
同時制作してみたい。


CIMG1024kk.JPG
2017.8.18 kazuo izu  oil on canvas F0 
" die if see it 5 times "


https://www.youtube.com/watch?v=KRSI8HmTHJA
posted by monet at 09:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年01月07日

残りの人生

残りの人生、どう生きるかではなく、いつまで生きられるか、
それが問題だ。
今月なのか、来月なのか自分でもわからない。
桜を見るのは確実に無理だろう。


2013-4-20-1.JPG
oil on canvas  F10  [530mm x 455mm] 2013.4 
“Everything comes to him who waits.” kazuo izu



https://www.youtube.com/watch?v=534hWIE0wz8
posted by monet at 23:00 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年01月06日

青色に潜む赤色

絵を描く人は、
青色のなかに赤色を見る。
赤色のなかに黄色を見る。
黄色のなかに赤色を見る。

そう云うものなのです。



CIMG1156.JPG
oil on canvas  F10  [530mm x 455mm] 
"Blue Love” kazuo izu 2015.09.22

https://www.youtube.com/watch?v=7yElpXH_HJ4
posted by monet at 22:00 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

人物画

4年ほど前に云十年ぶりに描いた油彩人物画。
ずっと、油彩では抽象絵画ばかり描いていて、人物は
描かなかったが、気まぐれで描いた人物画。
モデルはいない。描きながら作った顔なのでこの世に存在
しない顔。
カメラで何度も撮影はしたのだが、カメラが顔を自動補正
して妙な画像しかできなかったが、本日、久しぶりに撮影
したら、少し良好な画像になったのでアップしてみた。
実物の絵は、画像よりもまだ良い。
絵としては多々問題はあるが、モデルがいるわけではない
ので、こんなもので良いだろうと妥協する。
使用メディウムは世界堂製のペインティングオイルのみ。

CIMG1155.JPG
oil on canvas F4  "Smile of japanese OKAME woman."  
2013.5 kazuo izu

https://www.youtube.com/watch?v=geVBruZAWA4
posted by monet at 20:25 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

劣化

乾いていない油彩地にアクリルガッシュを塗り、その上から
油彩。1年後にワニスを引く。
画面の処どこに亀裂、乖離が見られる状態。
劣化を目的にしていて、良い寂び加減になっている。
ダビンチのモナ・リザも寂ているから魅力があるのであって、
模写で制作当時の色合いに描いてもモナ・リザに魅力は感じられ
ない。



CIMG1153.JPG
oil on canvas F0 [180mm x 140mm ]"Despair" 
kazuo izu 2014・7


https://www.youtube.com/watch?v=jjnyeZLNb3E
posted by monet at 12:40 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

赤と緑

欲のない赤と緑です。

反対色ですが、反発させず共存を考える。

お互いが譲歩することで対立は緩和できる。

戦うことより、戦わない方法を探ろう。







CIMG0923.JPG
2017.5.21 kazuo izu  oil on canvas F4 "Illness triangle"

https://www.youtube.com/watch?v=BZHzWvz6s54
posted by monet at 10:21 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年01月05日

ドローイング

ボールペンで描いた線画である。
死んで残せるのは角膜だけかもしれないと、目ばかり
描いていた時期のもの。
実物の目を見て描いているわけではないので、観念的
な目であり、線の遊びである。
デッサンというのは実物描写と模写を繰り返すことに
よって、その力を伸ばすことができる。
実物描写で陰影を観察し、模写で線描を習得する。
デッサンとはその繰り返しであり、指導者などは必要
ない。
デッサンを教えましょうなどという輩は自己利益のため
であり、簡単にデッサン力を習得されると困るので、
本質をはぐらかしながら指導という利益追求をする。



13-01-29-1.JPG2012.11 kazuo izu


https://www.youtube.com/watch?v=gN9cvVwaZ1k
posted by monet at 05:57 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年01月04日

侘び寂び

若い人たちが描く絵は饒舌できらびやかなものが
多いが、私の様に夢も希望も失った人間には侘び・
寂れた絵しか描けない。
社会の仕組みがおかしいと思っても、それを変革
する能力もないので、ただ黙って社会の中心から
離れたところで生きようとする。

ここはどこだ。 樹海か?

CIMG1151.JPG
Oil on canvas  F4  [333mm x 242mm] 
" Black Sun ”  kazuo izu 2015.06.20


https://www.youtube.com/watch?v=ov1xwCQULSY
posted by monet at 22:00 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

補色と反対色

補色と反対色は同意で用いられたり、若干ズレた色相に対して
用いたり統一感はない。
厳格な人は絶対的補色を探ろうとするが、あまり意味はない。
色相の赤の基準にされているのは、そのほとんどが印刷インクの
マゼンタとイエローを100%づつ混色した金赤であって、油
絵具のバーミリオンやカドミウムレッドなどとも色見が少し違う。
また絵具の場合、下地の色や絵具の厚みによって色見が違って
くるので、補色・反対色を概念的に用いようとすると失敗する
だろう。


CIMG0978uu.JPG
2017.06.25 kazuo izu oil on canvas F4 
"The Styx"

https://www.youtube.com/watch?v=nbmUq3mLBJ0&t=758s
posted by monet at 17:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

誘発

脳内シュミレーションでいくら良い絵ができたとしても、
いざキャンバスに再現を試みると思うようにはいかない
ものだ。
絵を描く前は考えず、描いている瞬間だけ考える。
キャンバスに点や線を描いてみて形が出現するのを待つ。
線・形・色面が偶然性のなかで位置を確定する。
私がやることはキャンバスへの問いかけだけだ。


CIMG0986uu.JPG
2017.7.1 kazuo izu  oil on canvas F0 
"a man 6 "


https://www.youtube.com/watch?v=arMu4f8rnBk&t=2422s
posted by monet at 05:28 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論