2018年01月01日

線とマチエール

線とマチエールで遊んでいるだけの絵ですが、
絵を描いている人間にはこれが楽しいのです。
具象的形を描いているのではなく、線のリズム
を楽しんでいるのです。
描かれている線を目で追って、そのリズムを
楽しむ、それが絵画というものです。




2014-09-11 06.30.35.jpg
oil on canvas  F4 [333mm x 242mm]  
"Happiness fictional”  kazuo izu 2014.09.11


https://www.youtube.com/watch?v=Ju8Hr50Ckwk
posted by monet at 22:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

フォルム

絵画においてフォルムは重要性を持たなくなって
きており、ドイツ絵画などではフォルムも線もない、
壁のような作品が増えている。
それらは視線誘導もなく、絵画と言わない限りほぼ
壁である。
しかし、壁は美しい。 
美女より壁のほうが美しい。
饒舌なだけの具象絵画より薄汚れた壁のほうが美しい。



CIMG1145.JPG
2017.12.30 kazuo izu  oil on canvas F8 
"The demise"


https://www.youtube.com/watch?v=8UuGYvv2y5g
posted by monet at 05:02 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論