2018年01月05日

ドローイング

ボールペンで描いた線画である。
死んで残せるのは角膜だけかもしれないと、目ばかり
描いていた時期のもの。
実物の目を見て描いているわけではないので、観念的
な目であり、線の遊びである。
デッサンというのは実物描写と模写を繰り返すことに
よって、その力を伸ばすことができる。
実物描写で陰影を観察し、模写で線描を習得する。
デッサンとはその繰り返しであり、指導者などは必要
ない。
デッサンを教えましょうなどという輩は自己利益のため
であり、簡単にデッサン力を習得されると困るので、
本質をはぐらかしながら指導という利益追求をする。



13-01-29-1.JPG2012.11 kazuo izu


https://www.youtube.com/watch?v=gN9cvVwaZ1k
posted by monet at 05:57 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論