2018年04月30日

リアリズムのジレンマ

高精度の写真に写った若い美女を描けば、買い手が
つく絵になることはわかっているが、資金不足でその
領域に入れない。
技術的にはフォトリアリズムの絵を描くのは簡単だが、
モデルを雇うお金もないし、撮影できるカメラもない。
フォトリアリズムで成功している人は絵が上手いので
はなく、金持ちということだけ。
だが、最大の問題はフォトリアリズム絵画の芸術性が
疑わしいということであり、描写は表現より弱い。
白日会は質を要求するが、その質は本質ではない。




CIMG1243.JPG
2018.04.30 kazuo izu  oil on canvas F0 
" die if see it 5 times "

https://www.youtube.com/watch?v=vwp9JkaESdg
posted by monet at 21:53 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

ぼんやりとした方向

現在、F0の被爆者ポートレート、F8号の抽象と裸婦という
ちぐはぐな作業をしているが、自分のなかでは同じ方向の
中のレンジにすぎない。
この3つの作業がどこかでゴールデンクロスすれば、そこに
何かがあるかもしれない。




CIMG1242.JPG
2018.04.29 kazuo izu  oil on canvas F8  "Lacrimosa"

https://www.youtube.com/watch?v=2rd8VktT8xY
posted by monet at 08:08 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年04月29日

最後の晩餐

人生の最期に何を食べるか。

松屋で牛丼、生卵、トン汁というのも寂しいものがある。
サイゼリヤでペペロンチーノというのも侘しい。

この世の食べ物のなかで一番美味と感じるのは納豆だから、
納豆を6パックくらい食べるのが最後の晩餐になるのかな。

侘しく安上りの最後の晩餐だ。




CIMG1241.JPG

2018.04.29 kazuo izu  oil on canvas F8 
" the Last Supper"


https://www.youtube.com/watch?v=ov1xwCQULSY
posted by monet at 12:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

あれから1年

1年前に描いた絵。
昨年4月末に14万円台だったビットコインは200万円まで
上昇した。
昨年4月末200円台だったリミックスポイントも1820円まで
上昇した。
私はといったら、小品ばかり140点ばかり制作したものの、
ほとんど成長できていな状況。
この1年は奇跡的に生き残れたが、この先を生きるのは
無理かもしれない。
無駄に生き続けても、周りは迷惑なだけだろう。



CIMG0835.JPG
2017.4.30 F4 oil on canvas kazuo izu


https://www.youtube.com/watch?v=2-tipS-fA5A
posted by monet at 10:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年04月28日

断末魔

精神的ストレスからか、右手にガングリオンが
出来て若干のしびれを感じる。
6月まで生きられるだろうか。


CIMG1239.JPG

2018.04.27 kazuo izu  oil on canvas F0 
" die if see it 5 times "


https://www.youtube.com/watch?v=LPa7jjeKVR4
posted by monet at 15:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年04月27日

中杉通りの、けや木についた苔の写真。
苔の絵画を制作しようと考えているが、資金の
問題で難しいかも。
頭の中では完成しているのだが。
ベーシックインカムが実現するまで生きられそうに
ないので、クラウドファンディングに頼ってみたいが、
アピール度が低いか。


CIMG1211.JPG
Kazuo Izu -----photo 2018.04.15

https://www.youtube.com/watch?v=jrk-xV3hfe8&list=RDjrk-xV3hfe8&t=7
posted by monet at 07:31 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年04月26日

ディテール

5年くらい前に描いた人物画の部分。
モデルなし、写真も見ないでの描写。
絵の撮影に使用しているカメラはカシオEX-H50で、
ディテール描写はあまい。
カメラの有効画素数からして、もうすこし細部描写が
できそうな気はするが、うまく撮影できない。
性能の良いカメラが欲しい。



10434380_967253106647730_7384500654577656992_n.jpg
Kazuo Izu 0012
「kazuo izu ----Figurative Oil painting」に保存しました
oil on canvas F4 "Smile of japanese OKAME woman." Partially enlarged  
2013.5 kazuo izu

https://www.youtube.com/watch?v=QNRxHyZDU-Q
posted by monet at 04:10 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年04月25日

にょろにょろ

裸婦画?にょろにょろ画?だが、実物は写真より
質が良い状況。
カメラのラチュードが狭すぎて、絵具の色幅を
写し切れていない。
毎度のことだが、モデルなしで描いているので、
多々問題はある。
この絵の主役は"にょろにょろ"なので、裸体に
厳密さを求めない。
当初は豊満な裸婦を描く予定だったが、何故か
肉がつかず細身のまま固定されてしまった。

3年ほど放置してから撮影しなおすと、もうすこ
し、良い絵に写るかもしれない。

CIMG1223.JPG
2018.04.25 kazuo izu  oil on canvas F8
" nyoro-nyoro"

CIMG1234.JPG
Partially enlarged

CIMG1227.JPG
Partially enlarged


https://www.youtube.com/watch?v=jNgURCvNp3U
posted by monet at 14:45 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年04月22日

儚さ

人の存在・命などは儚いものだ。
昨日、元気だった人が今日亡くなるなんて
よくあることだ。
いまある命が明日あるかどうか、明日になら
ないとわからない。




CIMG1220.JPG
2018.04.21 kazuo izu  oil on canvas F0 
" die if see it 5 times "

https://www.youtube.com/watch?v=AP6tTV-7mbg
posted by monet at 05:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年04月20日

絶対的でない線

画面にある黒線は画家の意思である。
意思であるが、絶対的な線などではなく、探り彷徨い
正解ではない線である。
描いた線が間違っていると判断すれば、消したり移動する。
写真をトレースしたような絵画には絶対的な線というのが
存在するが、抽象画における線は、作品が完成したあとも
鑑賞者の視線のなかで揺らぐ。


CIMG1218.JPG
2018.04.20 kazuo izu  oil on canvas F8 
" hustle"

https://www.youtube.com/watch?v=aGjBDfCvVdA
posted by monet at 16:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論