2018年04月30日

リアリズムのジレンマ

高精度の写真に写った若い美女を描けば、買い手が
つく絵になることはわかっているが、資金不足でその
領域に入れない。
技術的にはフォトリアリズムの絵を描くのは簡単だが、
モデルを雇うお金もないし、撮影できるカメラもない。
フォトリアリズムで成功している人は絵が上手いので
はなく、金持ちということだけ。
だが、最大の問題はフォトリアリズム絵画の芸術性が
疑わしいということであり、描写は表現より弱い。
白日会は質を要求するが、その質は本質ではない。




CIMG1243.JPG
2018.04.30 kazuo izu  oil on canvas F0 
" die if see it 5 times "

https://www.youtube.com/watch?v=vwp9JkaESdg
posted by monet at 21:53 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

ぼんやりとした方向

現在、F0の被爆者ポートレート、F8号の抽象と裸婦という
ちぐはぐな作業をしているが、自分のなかでは同じ方向の
中のレンジにすぎない。
この3つの作業がどこかでゴールデンクロスすれば、そこに
何かがあるかもしれない。




CIMG1242.JPG
2018.04.29 kazuo izu  oil on canvas F8  "Lacrimosa"

https://www.youtube.com/watch?v=2rd8VktT8xY
posted by monet at 08:08 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論