2018年10月23日

4本線

地は淡いミドリとブルーの混色。
4本の線は濃いミドリの上に赤色を重ねている。
細線なので写真では確認できないだろう。
バンクシーのシュレッダースピードで上から
下へ視線をゆっくりと移動させればいい。



CIMG1372.JPG
2018.10.23 kazuo Adamski  oil on canvas 540mm ×240mm
 "4 lines"


https://www.youtube.com/watch?v=QNRxHyZDU-Q
posted by monet at 21:01 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

パープル

淡いムラサキなのでイエローの配置をためらった。
このムラサキにはピンク色の配置が適していると考える。
ピンクを置けばイエローも配置できるだろう。


CIMG1373.JPG
2018.10.23 kazuo Adamski  oil on canvas F8
"Purple Time "

https://www.youtube.com/watch?v=TvnYmWpD_T8
posted by monet at 20:47 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

リリカルアブストラクト

抒情的・形而上的というより、その先にある
だろう異次元空間と捉えれば受け入れてもら
えるかも。
適当に描いているようで、一応バランスを考え
ながらの制作。
このあと月末にかけ具象を少し描いてみる予定。


CIMG1371.JPG
2018.10.23 kazuo Adamski  oil on canvas F8
"The Fall"

https://www.youtube.com/watch?v=lPBzl3uDDpo
posted by monet at 20:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月20日

絵画とアート

絵画は空間と芸術性を持つが、アートは空間と芸術性を
排除したものだと思う今日この頃。
来月からは絵画ではなくアート作品を制作する予定。


CIMG1369.JPG
2018.10.18 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "Untitled"


https://www.youtube.com/watch?v=upu1-jc1Ezc
posted by monet at 00:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月19日

団体展

昨日、二紀展と独立展を見に行ったが、画面サイズが大きい
だけで、質的にはどうなのかと思うような作品もあった。

具象作品はコラージュ的な作品が多く、デフォルメによる
フォルムを探るような作品は少ない。
ハイパーリアリズム風の作品はあまり見かけなかったが、
写真をみて描いていると思われる作品は多かった。
女性やユリの花を描いた作品が多い傾向。

下の作品は照明の都合で写りが悪いが、実物はそんなには
悪くはない。



CIMG1370.JPG
2018.10.19 kazuo Adamski  oil on canvas 480mm×250mm
"Portrait of Mr.C"

https://www.youtube.com/watch?v=g91kQyy4G7E
posted by monet at 23:56 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月17日

ポートレイト

ロールキャンバスをカットした端切れに枠を作っている
ので、変形8号サイズになっている。
人物の半身像を描くのであれば、このくらいの比率のほう
がよいかもしれない。
キャンバス規格のFigura枠は人物に適しているとされてい
るが、座位ポーズとかでないと構成がむずかしい比率だ。
ポートレイトをあと1枚描いて、F8号の抽象に移る予定。
来月からはF50号の抽象の制作に入りたいが、生きていれば
の話。



CIMG1368.JPG
2018.10.17 kazuo Adamski  oil on canvas 480mm×220mm
"Portrait of Mr.B"

https://www.youtube.com/watch?v=nEYyhGidL44
posted by monet at 15:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月15日

貧乏画家

長谷川利行、谷中安規、共に昭和前期に生きた貧乏画家。
産まれた年こそ違うが共に49歳で亡くなっている。
長谷川利行は胃潰瘍悪化の胃がんによる衰弱死。
谷中安規は餓死。
ともに超がつく貧乏のなかでも制作を続けた画家である。
私も貧乏ではあるが、このふたりに比べれば貴族のような
ものかもしれない。

下の作品は規格サイズではない。
カットキャンバスに適当に枠を作ったものであり、変形8号
というところか。


CIMG1367.JPG
2018.10.15 kazuo Adamski  oil on canvas 480mm×228mm
"Portrait of Mr.A"

https://www.youtube.com/watch?v=2ccaHpy5Ewo
posted by monet at 21:51 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月13日

Minority

モデル無しのポートレイト画。女性を描いていた
つもりだが、いつの間にか性別不詳の人物像に
なっていた。
写真だと妙に違和感のある絵だが、実物はそんなに
ひどくはない。
カメラのラチュードは人間の眼よりかなり狭い。




CIMG1365.JPG
2018.10.15 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "The Minority" 
CIMG1361.JPG
2018.10.13 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "The
Minority" portion
CIMG1362.JPG
2018.10.13 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "The
Minority" portion
posted by monet at 13:49 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

色即是空

絵画と云うものは視点を動かしながら心の揺れを
楽しむものである。
描かれているものが何であるかなど、どうでもよかった
りする。
肝心なのは視点を誘導する仕掛けがあるかどうかだ。



CIMG1357.JPG
2018.10.12 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "Untitled"

https://www.youtube.com/watch?v=2tcJLZt6Cnc&t=1418s
posted by monet at 07:16 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月12日

Let's 自炊ゲルハルト・リヒター

現代ドイツの画家ゲルハルト・リヒターの絵画作品は80号サイズが
数億円で取引されている。
リヒターの作品を購入できない貧乏人は自炊でリヒター風作品を
描いてみよう。
意外と簡単にそれらしい作品ができたりする。
10枚も制作すれば、あなたも贋作者の仲間入り。
ハン・ファン・メーヘレン、ジョン・マイアットに次ついで殿堂入りも
夢ではない・・・。

CIMG1354.JPG
2018.10.12 kazuo Adamski  oil on canvas F0 "Untitled"


https://www.youtube.com/watch?v=ol50CA0WQEk
posted by monet at 23:12 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論