2019年03月15日

さわやかに

寒さも緩み、気分は良くなってきた。
もう少し、大きな面を作った方がよいのだが、
色面というのは現象なので、そこに画家の意思で
ある線を登場させないことには絵画にはならないと
つまらぬ事を考えながら制作。
意思といっても何か明確なものがあるわけではなく、
左右上下の方向判断だけ。
物事、複雑に考えると前に進めなくなる。



CIMG1459.JPG

2019.03.15 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Refreshing "


Production day 1
Production day 2
Production day 3
posted by monet at 10:35 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論