2019年04月19日

クレヨン

部屋の掃除をしていた時に出てきたクレヨンで画用紙に
描いてみた。
18歳の時に買った物だが、劣化もしておらず普通に
描ける状態。
あと一枚はくらいは描いてみようか。


CIMG1517.JPG

2019.04.19 kazuo Adamski  wax oil on paper 
380mm by 540mm "Switch"


Production
posted by monet at 19:26 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月18日

Notre Dame

制作1日目以外は、ほとんど装飾的、工芸的作業ばかりで、
つまらないものになってしまった。
途中、工芸品にならないよう、汚す作業をしたものの、効果は
あまりでていない。
こんな絵でも1年後に見れば秀作に見えるかもしれない。
今回の作品は色数が少なすぎるので、次の作品は多色で色彩
を楽しもう。





CIMG1516.JPG

2019.04.18 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"The Hunchback of Notre Dame"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:32 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月16日

熟女シリーズ

目の周りが青いままだが、これは運命のようなもので、
抗って肌色で覆うのは違うだろうという判断。
ゴッホのように絵具を厚くすると重厚感はでてくるだろう
が、マチエールは絵の本質ではないと云う考え。

YouTubeのライブ制作を始めてから、抽象が18点、具象が12点で、
合計30枚の油彩作品が仕上がっている。
あと100枚くらい描けば1枚くらい良い絵が描けそうな予感がする。


CIMG1515.JPG

2019.04.16 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Mature lady [K] "


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 08:54 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月15日

「2019」

あと1日描く予定でいたが、ここから描きこむと小綺麗
な絵になってしまうので、小汚い状態で終わらすことに。

西暦2019年は金融市場においては波乱の年になり
そうで、1929年同等の記憶に残る年になりそうな
予感がしている。
日本においては本年4月5月は改元でお祭り状態だが、
6月になると状況は一変するかもしれない。

世界が終わっても、私は黙々と絵を描き続ける。

CIMG1513.JPG

2019.04.15 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"2019"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
posted by monet at 10:20 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月12日

熟女シリーズ

合計4時間弱も描いたわりに絵具の厚みはない。
絵具の厚みは懐事情と関係しているので、絵画的思考
による結果ではない。
デフォルメが弱くなったので、出来損ないの写実絵画
という雰囲気はある。
具象ポートレイトだが、抽象画的要素を少し取り込んで
いる。
服部分の表現は抽象画としては良いと思う。
次回はデフォルメを強める予定。
デフォルメをマックスにすると、おそらく、その絵は
抽象絵画と言われるものになっている気がする。
もう少し、頑張ってみよう。
------------------------------------
ライブ終了後、顔の黄ばみを少し抑えてます。


CIMG1504.JPG
2019.04.12 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Mature lady [J] "


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:11 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月11日

Black Loop

制作1日目の画面のほうが良かったが、フラットに調整
するなか、閉塞感はでてくる。
抽象画でも風景画のように深い空間を設定しても良いが、
空間を設定すると、画面のなかに重力が発生して整合性とか
余計なことを考えることになる。
次回作、頑張りましょう。


CIMG1502.JPG

2019.04.11 kazuo Adamski  oil on canvas  
F8  "Black Loop"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
Production day 5
posted by monet at 14:03 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月08日

熟女シリーズ

このところ芸大生の盗作問題が一部のネット上で盛り上がって
いるが、構成型の具象絵画を描いている画家の多くは各媒体から
画像を拝借して画面に描いてたりする。
だから絵画の画像盗作探しを始めると、あの人も、この人もと
ゾロゾロ出てくるだろうから、やぶ蛇を突くようなことは控えた
ほうが良いのかもしれない。
わたしは、人物画でも何も見ないで描くほうなので、盗作問題が
発生することはないと思う。
昨年、『餃子の耳飾りのおばさん』というくだらない絵を描いた
時に、餃子ってどんなんだったっけとネットで餃子の写真をみた
ことはある。その餃子の部分を盗作と言われると困ってしまう。





CIMG1499.JPG

2019.04.08 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Mature lady [I] "



Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
Production day 5
posted by monet at 10:44 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月06日

令和

令和という元号、ファーストインプレッションは良さそうだ
と感じたものの、よくよくみれば、和を命じれているようで、
今後渡来する移民とも仲良くしろよというメッセージなのか
とも受け取れる。
英語表記だと"Beautiful Harmony"で、安倍総理お得意の
「美しい」が入ってしまって、少し首を傾げてしまう状況。
安倍総理の言う「美」とは何なんだろう。
私が考える「美」と安倍総理の「美」は明らかに違うものだ
ろう。
安倍総理の「美」は万人に共通する「美」ではなさそう。



CIMG1494.JPG

2019.04.06 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"REIWA--Beautiful Harmony"



Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
Production day 5
Production day 6
Production day 7
posted by monet at 14:15 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年04月03日

熟女シリーズ

もう少し描き込む予定でいたが、フォルムが固まって
いるので、手仕舞いすることにした。
私の場合、下絵なしで、描きながら形を探っているの
で、描き始めはみっともない絵柄になっている。
描き始めから線描でフォルムを描くことは可能だが、
それだとフォルムが決まったあとの作業は単なる塗り絵
になってしまう。
フォルムを探りながら線が出現するのが一番理想的描き
かたである。
次回も絵画として良いフォルム・デフォルメを探ります。



CIMG1493.JPG

2019.04.03 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Mature lady [H] "


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:06 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論