2019年05月31日

最後の審判

結構、多色で描いているつもりだが、なぜか色味が少ない
感じがする。
描いている途中、システィーナ礼拝堂の天井画が脳裏に浮か
んできたので、逆らわず、脳内でシャッフルした天井画を
抽象表現した。
機会があればイタリアのシスティーナ礼拝堂へ行ってみたい
が、おそらく不可能だろう。





CIMG1552.JPG
2019.05.31 kazuo Adamski  oil on canvas   F8
  "Last referee"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:36 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年05月29日

善きサマリア人 No.0003

昨日、川崎・登戸で発生した19人殺傷事件。
犯人の岩崎隆一は恐らくNPD(自己愛性パーソナリティ障害)
と思われる。
社会とのつながりが上手くできず、親戚の年金収入で生活していた
と思われるが、いわゆる8050問題で崖っぷちに立たされていた
のだろう。
後がないので、自殺を決心したものの、覚悟を決めれないので、
児童を殺害することで逃げ場を無くし自刃したのだと思う。
問題の大元はNPDだが、NPDに至った原因は両親であり、
岩崎隆一の自己責任ではない。
問題の対処としては、NPD者を見つけて自己コントロールの方法を
学ばせる必要がある。
アスペルガーなどは対処されているが、NPDはすり抜けてしまって
いるのだろう。


CIMG1551.JPG

2019.05.29 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0003"



Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4

posted by monet at 10:04 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年05月28日

復讐

今朝、川崎登戸で16人殺傷の通リ魔事件が発生。
犯人は犯行後、自刃により死亡。
刃物を数本所持していたことから、計画的犯行と
思われるが、犯行後自刃していることから、従来の
通リ魔事件のような死刑願望の殺意ではないのだろう。
これは子供への殺意ではなく、社会への復讐と推測する。
カリタスに子供を通わせる親の平均年収は一千万円クラス
だろうから、富裕層、格差社会への復讐だろう。






CIMG1550.JPG
2019.05.28 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Gentle killing intent"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 12:19 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年05月26日

善きサマリア人 No.0002

いつも全光設定で描いているので、今回は少しシャドーを
意識して描いてみようと企んだのだが、結果、デフォルメが
弱くなり単に下手糞な絵になってしまった。
モデル無しで描いているが、画面の中で浮かび上がった人が
「善きサマリア人」という趣旨です。
次回は再度、全光設定でデフォルメをしてみよう。



CIMG1549.JPG

2019.05.26 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0002"



Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:18 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年05月25日

ゾーン

このての絵は細かな作業をすると工芸的になって
しまうので、粗いまま終わらす。
色使いはそんなに悪くはないと思うが、何かが足り
ない気がする。
少し制作ペースが早く、今月はすでに16枚描いて
しまっている。
月末までにあと4枚くらい描いてしまいそうだ。
並行して制作している50号の抽象は完成目途立たず。
50号の制作速度が遅いのは絵具代の都合であり、
お金が無いと思うようには絵が描けない。





CIMG1548.JPG
2019.05.25 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"The Zone"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 08:16 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年05月23日

善きサマリア人 No.0001

熟女シリーズはAから始めてTまで20枚描いたが、
ここからは「善きサマリア人」シリーズに移行。
ナンバーを4桁で始める。1000枚描くことは
不可能だろうが、意気込みで4桁にした。
熟女という限定を外すので、男女混合、性別不詳の
絵になってくると思う。
日本人は見てくれないが、世界の何処かの誰かが、
チラ見してくれれば、それだけでよい。





CIMG1547.JPG
2019.05.23 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0001"



Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:27 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年05月22日

浪漫主義

淡い黄土色を基調にし、柔らかい雰囲気の作風に
してみた。
毎度のことながら、ラムダしか描いていないが、
それで良いと私は考えている。
F8号のライブ制作と並行してF50号の油彩抽象
を描いているが、こちらはなかなか仕上がらない。
あせる必要もないので、のんびり描き続けます。




CIMG1546.JPG
2019.05.22 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Romanticism"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 12:23 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年05月20日

熟女シリーズ

ポップアートぽい作品にする予定だったが、
つまらない絵になってしまった。
もう少し描けばよいのだが、この手の作品は
描き続けたくない。
デフォルメをするためにポートレイトを描いて
いるわけで、こういった塗り絵をしてはいけない。
次の作品はグチョグチョに歪めてみよう。




CIMG1545.JPG
2019.05.20 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Mature lady [T] "



Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:01 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年05月19日

NPD

この作品を描いている時に、自己愛性パーソナリティ障害に
ついて考えていたので、タイトルをNPDにした。
最近、Youtubeの顔出し動画を見ていると、NPDの症状が
現れている人が実に多い。
本人は自覚していないし、病名を告げても否定するだけだ
ろう。
この手の精神疾患は本人が病気を認知し、自分をコントロール
する方法を学ばなければ、いつまでも対人関係のトラブルが
続く。
厄介者だからと社会から排除していくと、植松聖と同じように
大きな事件を起こしてしまう。
差別するつもりはないが、度量の小さい私はNPDを発見し
しだい距離を置くしかない。





CIMG1544.JPG
2019.05.19 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"NPD"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:58 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年05月17日

熟女シリーズ

モデル無しのポートレイト作品だが、デフォルメは
弱めである。
昭和の雰囲気が漂う作風だが、こういうデフォルメを
否定する必要もなく、いろんな作風があって良いと
思う。
前作のポートレイトはライブ終了時の状態があまり
よろしくなかったので、現在、ひそかに加筆中。
描く作品ごとに作風を変えているが、変化は推進力
だからそれを止めることはしない。
次回作は、少し現代風にしてみようと考えている。





CIMG1541.JPG
2019.05.17 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Mature lady [S] "


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:02 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論