2019年06月04日

善きサマリア人 No.0005

道に人が倒れていたら人道的に救助するのが当たり前ではあるが、
今の時代、助けることが善き行動なのか判断できない。
倒れているのが女性や幼児であった場合、下手に救助すると、
容疑者扱いされ面倒なことになる。
損得勘定で行動することはよくないが、現在の日本では、疑わしき
は罰するという状況なので、倒れている人から距離をおいた状態で、
警察なり、消防に通報するしかない。
ひきこもりやNPDが苦しい人生を送っていたとしても、度量も資産も
少ない人が救助を試みるのも間違いだろう。
困っている人がいれば助けるべきだが、救助するというのは何かと
難しい。






CIMG1555.JPG
2019.06.04 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0005"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:19 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論