2019年08月31日

善きサマリア人 No.0030

8月最終日。暑かった夏も終わりだ。
室温34℃のアトリエで絵を描き続けるのは拷問の
ようなものだったが、絵の不出来を暑さのせいに
できたので気分の落ち込みは少ない。
これからの季節は絵の不出来を気温のせいには
できないので、別の悪材料を見つけて絵の不出来を
納得することにしよう。
9月からは、韓国問題のせいにして、10月からは消費増税
のせいにする。
そうこうしていれば冬が到来し、寒さを絵の不出来の
せいにできる。

【8月まとめ】
抽象9枚、ポートレイト9枚、合計18枚完成。
F100号のほうは絵具購入予算の問題でほとんど進行して
いない状況。





CIMG1627.JPG
2019.08.31 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0030

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4

Day 1- -Day 4 timelapse
posted by monet at 13:03 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年08月29日

Effective attitude

具象的抽象絵画になってしまったが、この手のあいまいな
空間もあってよいのでは。
小綺麗なだけの工芸的抽象になるのを避けようと、黒線を
意図的に強めているが、その影響で画面の濁り感は強い。
次の作品は黒線を弱め、彩度を上げて描いてみよう。




CIMG1626.JPG
2019.08.29 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
" Effective attitude"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:35 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年08月27日

善きサマリア人 No.0029

今回も粗く描き始めたものの、やはり最後は細部を描いてしまっている。
最後まで粗さを維持するのは容易ではない。

Youtubeのフォロワー数が8月に少し増えてたが、収益化なんて
夢のまた夢。
千葉の某水彩画家Youtuberさんはフォロー数が43万人を超えており、
動画再生回数も半端なく多く、相当な収益があるだろう。
N国の立花さんのサイトより観覧数は多いのだから、月収入は300万円を
越えていると推測する。
私もそこまでの収入はいかなくても、せめて画布代がでるくらいには
なってみたい。




CIMG1625.JPG
2019.08.27 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0029"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:15 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年08月25日

The Great Depression

8月14日、米国債券市場で12年ぶりに逆イールドが発生したこと
で、先行き株式市場の暴落が予想されている。
秋に入ればブレグジット、消費増税、ドイツ銀行債権問題、
米中日韓問題等々、売り材料に事欠かない状況になる。
買い材料がない状況で売り圧力が強まれば、フリーホールに落ち、
暴落を超えた恐慌になる可能性がある。
今度起きるであろう恐慌は資本主義の有無を問うような経済危機
になると云われているので、富裕層は第三次世界大戦を起こし、
経済損失の穴埋めを画策するかもしれない。
その第三次世界大戦のきっかけは中東と云われていたが、現在では
東シナ海周辺が大戦場になると言われている。
飢えて死ぬか、戦って死ぬかを選択せざるを得ない状況になれば、
絵を描く事はあきらめるしかない。





CIMG1624.JPG
2019.08.25 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
" The Great Depression"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:00 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年08月23日

善きサマリア人 No.0028

Youtubeの絵描き動画で私のようにモデル無しで描いている人は
少ないので、フォルムを探りながら絵を描く動画は絵の勉強を
している人たちには役に立つと思うのだが、観覧数からみて
モデル無しで描く事を評価する人はいないようだ。
写真を見て絵を描く事は、デッサン力も描写力もさほど必要
なく、誰でもできることなのだが、それを理解する人は少ない。
日本ではデフォルメ絵画より美少女マンガのほうに価値を見出して
いる人が多く、そんな価値感の国でデフォルメ画を描き続ける
こと自体、無駄で愚かな行為なのだろう。





CIMG1623.JPG
2019.08.23 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0028"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 12:50 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年08月22日

Getaway

彩度の高い色を各所に配置しているが、全体としては
グレーな絵になってしまった。
黒の直線が強すぎるかもしれないが、黒線を弱めると
具象的空間が発生してしまう。
何が描かれているのかと考えるのではなく、黒線の存在
を確認するだけでよい。



CIMG1622.JPG
2019.08.22 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
" Getaway"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:21 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年08月20日

善きサマリア人 No.0027

粗さを保つことでデフォルメを維持しようと試みているが、
歪みを正そうとする本能が邪魔をする。
あせる必要もないので、5年10年かけて良い歪みを探して
いこう。
現在、アブストラクトとポートレイトを交互に描いているが、
どこかでクロスオーバーするかもしれない。
ポートレイトのデフォルメを粗くすればするほどアブストラクト
になるだろう。





CIMG1621.JPG
2019.08.20 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0027"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:18 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年08月19日

" History recognition"

暴行・煽り運転で指名手配されていた宮崎文夫が逮捕された。
出てきている情報から推察するに、統合失調症よりの自己愛性
パーソナリティ障害なのだろう。
彼の承認欲求はSNSでは満足できず、他者に恐怖を与えることで
承認欲求を満たしていたと思われる。
近年のSNSの普及は、利用者の承認欲求を強め犯罪の起因になって
いる可能性もある。
絵描きでも、承認欲求が強まるほどハイパーリアリズムに向かうと
考えている。
承認されることは芸術ではなく、その存在さえも否定されるもの
こそが芸術だと考える。
何物でもない自分を承認し、気楽に生きよう。


CIMG1620.JPG
2019.08.19 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
" History recognition"



Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:00 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年08月17日

善きサマリア人 No.0026

現在、高速道路などで煽り運転をしていた宮崎文夫が指名手配
されている。
彼は同級生に、誰かに監視されていると語っていることから、
統合失調症の可能性もでてきたが、精神疾患だからと云って、
起こした犯罪を許すことはできない。
最近話題の、N国党Tさんも数年前に統合失調症の診断を受けて
いる。これは本人が動画で公表していることなので、名誉棄損
には当たらないだろう。
この二人の共通点は異常行動であり、少しでも言動が怪しいと
感じる人とは距離を置くべきだ。
異常行動をする人と対峙できるのは薬を投与できる精神科医だけ
であって、一般人が相手をしてはいけない。
異常行動の人相手に善きサマリア人になる必要はない。



CIMG1619.JPG
2019.08.17 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0026"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:38 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年08月16日

慰安画

絵具に厚みはないが、そんなに貧弱ではないだろう。
この作品も過程にすぎないので、後悔することなく
次の制作に移ろう。
具象絵画は人種・民族問題やジェンダー・年齢など多くの
事柄を内包するが、抽象絵画はそれらをは排除したもので
あり、鑑賞者の思考は開放される。
抽象絵画はグローバリズムであり、具象絵画はナショナリズム
と解釈することもできるが、絵画の世界まで右だの左だのと
分類する必要もない。



CIMG1618.JPG
2019.08.16 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Comfort picture"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:31 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論