2019年09月30日

善きサマリア人 No.0039

描くポートレイトがだんだん表現主義っぽくなって
きている。
表現主義は80年位前の描法であり、古いといえば
古い作風ではあるが、私は好きだ。
同系色で小綺麗にまとめる現代の作風より、赤と青を
ぶつけて描く絵は強いと思う。
しばらくは、顔にみえない顔を表現主義風に描いて
みよう。


9月まとめ:
ポートレイト  9枚
アブストラクト 9枚
合    計 18枚

ライブ制作累計;133枚


CIMG1708.JPG
2019.09.30 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0039"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:55 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年09月28日

" Global warming"

アスペルガー症候群の16歳少女が国連で気候変動に関する演説をし、
その内容、様子が何かと話題になっている。
10代の純粋さとアスペルガー症候群が重なり、ものすごいエネルギー
を発していたが、おそらく画家のゴッホも彼女と同等の精神状態であり、
そのエネルギーで絵を描いていたのだろうと推測する。
大人になってから、地球温暖化が嘘だったと知れば、ショックで自殺し
かねないから、早めに環境問題から身を引いて、画家になるべきだ。





CIMG1707.JPG
2019.09.28 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
" Global warming"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 12:03 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年09月27日

善きサマリア人 No.0038

顔に見えない顔を描こうとしているのだが、やはり
顔に見えてしまう。
目、鼻、口、耳が描いてありそうでも、その位置が
特定できないという作品。

先日、新制作展を見に行ってきたが、知っている人の名前
が、ちらほらみられる状況。
結局、絵が描ける描けないの差はお金だというのを実感。
描写力とか構成力だったら、私もそう負けてはいないと思う
が、150号の作品を描くというのは経済的に無理だ。
新制作展の受付付近に展示してあった、かつてのホームレス
大学生の作品だが、ホームレスからよくあの大作を描ける
環境まで這い上がれたものだと感心するばかり。
わたしはいまだ這い上がることもできない蟻地獄にいる。







CIMG1706.JPG
2019.09.27 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0038"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 12:07 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年09月24日

"Arles abstract "

ストロークで描いたのでアルル風抽象になってしまった。
この状態から少し加筆すれば、ポートレイト、風景画、
どちらにも移行可能だろう。
この絵をゴッホが描いた抽象画ということにして、サザビーズに
出品すると1億円以上の値段がつくかもしれないが、私は
逮捕されることになるだろう。




CIMG1643.JPG
2019.09.24 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Arles abstract "


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:10 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

善きサマリア人 No.0037

制作初日に出現したマチエールが綺麗だったので、
その温存を企み自滅した感じ。
そんなに悪くはないと考えるが、そう思う人は少ない
だろう。
卵型の輪郭を出現させようとする邪念が絵画的成長を
阻害している。
次回作も、この方向で頑張ってみよう。
並行して描いているF100号は、顔に見えない顔を
描く予定だったが、顔に見える顔が出現してしまった。




CIMG1642.JPG
2019.09.24 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0037"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:28 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年09月21日

"Area 51"

このところの抽象作品は、青と赤をぶつけて遊んでいる状態。
青と赤を配置すれば、白と黄色が欲しくなる。
画面が欲しがる色を順次配置しているだけ。
形而上学云々と考えながら絵は描けない。描いているその瞬間の
感覚任せの絵で良いと考える。
哲学的思考などは後付けでじゅうぶんだろう。
次回作はもう少し絵具を厚くしよう。







CIMG1641.JPG
2019.09.21 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Area 51"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:27 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年09月20日

善きサマリア人 No.0036

スーチンとキュビズムが混じったような絵に
なったが、作品を評することに意味はない。
安い絵具の青を使っているのだが、シアン系の
青なので、赤色を加えて深みを調整するのがよい
のだろう。
並行して描いているF100号は具象の顔が8人
登場している状態。
追加でUFOとピースマークまで描いているので、
きわめて中二病的絵画になっている。




CIMG1640.JPG
2019.09.20 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0036"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:52 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年09月17日

"The infection"

絵具を少し厚塗りしているが、リクインインパストによる
厚みなので、重量感は不足している。
しかし、絵具とダンマル樹脂だけの厚塗りよりは耐久性は
あると考える。
部分的に安い絵具を使用しているので、彩度的に不足感は
あるが、贅沢はいえない。
思い通りの絵を描くと云う夢は叶えているが、絵具を湯水の
ごとく使うという夢はまだまだ叶わない。
お金の事を考えず絵具を使えるようになれば、良い絵が描け
そうな気がする。
ライブ動画を見なくても良いからフォローだけして欲しい。
千葉の某水彩画家ユーチューバーさん位の収入が得られれば、
ひと月に60枚くらい描いてやるぞ。

並行して描いているF100号の構図はほぼ固まって、あとは
描き込んでいくだけの状態。


CIMG1639.JPG

2019.09.17 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"The infection"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 15:27 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年09月16日

善きサマリア人 No.0035

顔に見えないような顔を描くという愚かな事を
しているのだが、それでも顔に見えるようになって
しまう。
もう少し崩せば顔に見えなくなり、抽象の世界に
入って行くが、その境目を見ながら絵を描いている
状況。
この境界ギリギリのところをもう少し攻めてみよう。

昨日、世界堂でウィントンの安い絵具を買ってきた
ので、しばらくは厚塗りの絵が描けるだろう。
安いと云っても絵具チューブ1本の値段が3日分の食費
と同じだから、大変ではある。




CIMG1638.JPG
2019.09.16 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0035"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 14:41 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年09月14日

"Day of the dead"

少しピンキーな絵になってしまった。
ピンク色の絵は現代的に見えるが、配色を間違えると
サイケというより、色とびすることがある。
絵具として売っているピンク色は染料系だから、絵の仕上げ
段階で、グレーズに使用するくらいが丁度よいだろう。
並行して描いているF100号の絵にUFOを描いてしまった。
当然、アダムスキー型であり、誰がみてもアダムスキーの名前が
脳裏に浮かぶことになる。






CIMG1637.JPG
2019.09.14 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Day of the dead"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:57 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論