2019年09月03日

善きサマリア人No.0031

少しコリアン風な服になってしまったが他意はない。
日韓関係というのは絵画と同じで正解を求めるべきでは
ないと考える。
日本人はリアリズムの歴史を学んでいるが、韓国人はデフォルメ
された歴史を学んでいる。
リアリズムとデフォルメ、どちららが正しいかを判断するので
はなく、歴史は多面的に捉えるべきであり、一方向からの歴史視感は
事実誤認を招く。
日本人からすれば、朝鮮併合で朝鮮半島を近代化させたという
歴史認識はあるが、韓国人には、朝鮮民族自身による近代化
の機会を奪われたのであって、被害者意識は強くなる。
歴史問題に正解があるとするなら、それは棚上げ放置なんだろう。




CIMG1629.JPG
2019.09.03 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0031"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 12:34 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論