2019年10月09日

善きサマリア人 No.0042

背景色を二色分割にする構想で描き始めた影響で、
デフォルメが甘くなりつまらない絵になってしまった。
大画面で有名人のポートレイトを描いている画家が
いるが、あれは基本のシャドーポイントは固定されて
おり、派手に見える画風も装飾でしかない。
やはり、画家の本分はフォルムを探ることであり、
デフォルメしてない絵は絵ではないと考える。
次回作は再度、デフォルメ表現主義に回帰しよう。





CIMG1716.JPG
2019.10.09 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0042"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 10:03 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論