2019年10月20日

"The Bankruptcy"

今月10月31日のブレグジット実施にともないドイツ銀行が
破綻を宣言するとの噂が出てきている。
ドイツ銀行の破綻は日本にも無縁ではなく、みずほやソフトバンク
と危機が連鎖していく可能性はある。
ドイツ銀行が所有するCDSなどは、もはや無価値だろうが、所有する
美術品などは無価値にはならない。
だが、購入価格より高い値で売却できる保障はなく市場価格より安く
放出した場合、世界中の美術品価格が連鎖的に暴落する可能性はある。
ドイツ銀行の破綻がきっかけとなり世界恐慌に陥った場合、123億円の
バスキアの作品でも1億円に値下げしても買い手は現れない事態になる
かもしれない。
山より大きい獅子は出ないというが、ドイツ銀行はその山より大きい
獅子を作ってしまったのだから、この先どうなるか予想出来る人はいない。
ここからは台風襲来時と同じで、命を守る行動をとるしかない。


CIMG1724.JPG
2019.10.20 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"The Bankruptcy"



Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:29 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論