2019年10月26日

善きサマリア人 No.0047

またつまらない絵になってしまった。
ゴッホの言葉に「99回倒されても、100回目に立ち上がれ
ば良い。」というのがあるが、このサマリア人もまだ47人しか
描いていないので、100人描くまではあきらめないほうが良い
だろう。
100枚描いてダメでも、101枚目に良いのが出来る可能性
だってある。
良い絵を描くには失敗を重ねるしかないが、現代日本においては
それを許す寛容さはない。
しかし、描く絵、すべてが秀作というのはありえることなのか。
すべて秀作にするにはコピー生産するしかないだろう。
承認欲求はほとんどないので、のんびり描いていこう。




CIMG1727.JPG
2019.10.26 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0047"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 16:41 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論