2020年05月16日

"The transformation"

遂に、インドとペルーの新型コロナ感染者数が中国を超えた。
中国の公表感染者数は信用できないとしても、ペルーの感染
者増加率は高すぎる。
恐らくペルーはすでに医療崩壊状態と思われ、16世紀のスペイン
人侵攻の時同様の危機にあるだろう。
ペルーの感染者数は本日中にもインドの感染者数を上回る事態と
なるのは確実。
ペルーだって日本同様、捕捉できていない感染者は相当数いるはずで
事態はさらに深刻化しそう。




CIMG1902.JPG

2020.05.16 kazuo Adamski oil on canvas F8
"The transformation"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:15 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年05月15日

善きサマリア人 No.0114

緊急事態宣言解除に疑念を持つ善きサマリア人。
インドとペルーの新型コロナ感染者が急増しており、本日中にも
両国の数値が中国の感染者数を超えるのは確実。
日本が感染拡大を抑止できたとしても、世界で感染者が増え続ける
のなら、日本だけ無事で済むわけがない。
今後は外出時にマスク着用は当然として、手袋も全員すべきだと
思う。



CIMG1901.JPG
2020.05.15 kazuo Adamski oil on canvas F8
"Good Samaritan No.0114"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:35 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年05月13日

"Antigen test of love"

コロナ禍は世間的には過去のものになりつつあるようで、
多くの人が普通の生活に戻り始めている。
検察庁の定年延長も決め、コロナ感染データ改ざん隠ぺい
工作も準備万端。
あとは国民が感染しようが経済破綻しようが自己責任に
されるのだろう。
国民が選出した指導者の意思なのだから、国民は黙って
したがうしかない。
日本は素晴らしい国だ。


CIMG1900.JPG
2020.05.13 kazuo Adamski oil on canvas F8
"Antigen test of love"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:51 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年05月12日

善きサマリア人 No.0113

緊急事態宣言解除を待つ善きサマリア人。
緊急事態宣言が解除されてもコロナ以前の生活に戻れる
わけではなく、失業・倒産は免れない。
7月に都知事選が予定されているが、特例で1年くらい延期
すべきだろう。
都知事選を実施したとしても小池さん続投は揺るがない
だろうし、財政の無駄でしかない。
いまは、選挙予算をコロナ感染拡大抑止に活用すべきだろう。




CIMG1899.JPG
2020.05.12 kazuo Adamski oil on canvas F8
"Good Samaritan No.0113"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:18 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年05月10日

"COVID-DANCE"

気温上昇と共に、新型コロナに対する警戒心も緩んできて
いるようだが、インドで感染が拡大している状況を考えれば、
日本も油断はできない。
緊急事態宣言は解除しても良いだろうが、解除によって感染拡大
する覚悟は必要だろう。


CIMG1898.JPG
2020.05.09 kazuo Adamski oil on canvas F8
"COVID-DANCE"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 08:26 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年05月09日

善きサマリア人 No.0112

女子高生が描きそうな善きサマリア人。
先に描いたアマビエの出来があまり良くなかったので、
リハビリの為に弱めのデフォルメにした。
ポートレイトは何も見ないで描くが、アマビエは原画を
チラ見したせいで、縛られてしまい不自由になってしまった。
次回作は再度、デフォルメを強めよう。



CIMG1897.JPG
2020.05.09 kazuo Adamski oil on canvas F8
"Good Samaritan No.0112"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 08:44 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年05月07日

"The Newtype"

本日から地方の美術館では再開するところがあるよう
だが、都内の美術館は今月いっぱいは再開不可能だろう。
ピーター・ドイグ展は一応6月14日まで開催予定だが、
6月になっても再開は無理だろう。
美術館は作品のネット公開などの企画を増やしていく
べきだろう。



CIMG1895.JPG
2020.05.07 kazuo Adamski oil on canvas F8
"The Newtype"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:31 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年05月06日

善きサマリア人 No.0111

アマビエになった善きサマリア人。
このアマビエというのは絵を模写する時間を作ることで
他者との接触を無くし感染リスクを減らすという古人の
知恵である。
アマビエの絵をチラ見しながら描いてみたものの、正体
不明の物を描くのは難しい。
アマビエだけでは画面が持たないので、白点を加筆した。
絵の質がどうのこうのではなく、アマビエを描いていた時間、
人と接触しなかったことが重要なんだ。


CIMG1894.JPG
2020.05.06 kazuo Adamski oil on canvas F8
"Good Samaritan No.0111"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:17 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年05月04日

"The Extension "

本日夕刻にも安倍総理から緊急事態の延長が発表されるだろうが、
延長するにしろ解除するにしろ感染者のデータが改ざんされている
状況では対策のしようがない。
国民は国に頼らず自主規制し自身の免疫力を高めるしかない。
素人考えでは、味噌汁やキムチなどの発酵食品を摂り体内の乳酸菌を
増やすのが有効とみる。
とにかく、感染せず、させず、生き延びよう。

CIMG1893.JPG
2020.05.04 kazuo Adamski oil on canvas F8
"The Extension "

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:32 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年05月03日

善きサマリア人 No.0110

背景色がデイヴィッド・ホックニーな善きサマリア人。
ホックニーが近年描いていた座位人物シリーズの制作
過程の動画をみたが、あれはカメラで撮影した画像を
プロジェクターでキャンバスに写しているだろう。
80号ほどのキャンバスに、辺り線も引かずにアウトライン
1本で人物を描けるほどホックニーはデッサン力はないと
思う。
昨日、100号キャンバスを張ったせいで本日は筋肉痛で
筆さばきが悪い。

CIMG1892.JPG
2020.05.03 kazuo Adamski oil on canvas F8
"Good Samaritan No.0110"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:24 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論