2022年02月16日

大根とにんじん・しょうがの納豆ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒とりがら 少々
しょうゆ 少々
納豆 2パック
大根 1/6本
しょうが 少量
にんじん 1/3本
黒ゴマ 少々
ラー油 少々
あらびきコショー 少々
クミン 少々
米酢 少々

エネルギー 740Kcalくらい
タンパク質 23.2グラムくらい




一言:
無気力な日々が続いている。
お金があれば解決する問題ばかりで、
そのお金が無いせいで1歩も前に進む
ことができない。
本日、久しぶりにピクスタで画像が売れ
が、20円にしかならないからどうにも
ならない。
本日、納豆ご飯。
貧乏な夕飯だ。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

善きサマリア人 No.0328

渡辺てる子さんを応援する善きサマリア人。
下手くそと言われながら絵を描き続けるのは
辛いもので、"下手くそ"という言葉をヘイト
言葉に認定して法律で使用禁止にすべきだ。
彦坂さんでも、背面が描けていないと他者の
作品を罵倒する前に、背面を描いた自分の作品
を公表すべきだろう。
絵画を言語に置き換えようとするから理解不能
になるわけで、絵画の説明は絵ですべきだと
考える。
ラカンのように人間の苦悩を方程式に置き換えら
れても誰も理解など出来るわけがない。







2022.02.16 kazuo Adamski oil on canvas F8 op711
"Good Samaritan No.0328"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年02月15日

大根とにんじん・長ネギの厚揚げご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒とりがら 少々
しょうゆ 少々
厚揚げ 300グラム
大根 1/6本
にんじん 1/3本
長ネギ 1本
黒ゴマ 少々
ラー油 少々
あらびきコショー 少々
クミン 少々
米酢 少々

エネルギー 1021Kcalくらい
タンパク質 48.5グラムくらい



一言:
辛い生活が続いている。
なぜここまで幸福と無縁なのか解らない。
親ガチャ問題というより、腐った遺伝子
が問題なのだろう。
本日、いつもの厚揚げご飯。
さすがに飽きてきた。
刑務所に入っている人のほうが良い食事
をしているだろう。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

2022年02月14日

キムチと大根のネギ納豆ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
納豆 2パック
大根 1/6本
長ネギ 1本
キムチ 340グラム
米酢 少々

エネルギー 740Kcalくらい
タンパク質 23.2グラムくらい




一言:
春が近いというのに希望もなく絶望しかない。
才能のない人間は哀れでみじめだ。
本日、キムチご飯。
一ヶ月以上続いていた切れ痔がほぼ快復した
ので、久しぶりにキムチを購入。
ごちそうさまでした。

posted by monet at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

“cold morning”

昨日のNAU展での論争。
結局、絵画ベースのアート思考と先端技術こそが
アートだという思考との対立で、先端ばかりみて
いる人には本来のアートの文脈が理解できていない
のだと思う。
最先端こそがアートと云う認識になれば、絵具を
使った絵画などはアートという枠から外れ、工芸
扱いになる。
AI思考というのは過去のビックデータのコラージュ
であり、組み合わせの妙で、そこに本当の新しさは
ないと思う。




2022.02.14 kazuo Adamski oil on canvas F8 op710
“cold morning”

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年02月13日

大根とにんじん・長ネギのさばカレー味ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒とりがら 少々
カレー粉(赤缶) 大さじ1
さば水煮缶 150グラム
大根 1/6本
長ネギ 1本
にんじん 1/3本
ラー油 少々
あらびきコショー 少々
クミン 少々
米酢 少々

エネルギー 844Kcalくらい
タンパク質 32.3グラムくらい




一言:
本日は、朝早くにライブ配信を終わらせ国立新美術館に
行ってきた。
NAU展を見たあと同展主催のシンポジウムを拝聴。
シンポジウムの質疑応答の際、明和電機が彦坂さんに突っ
かかり、一触即発の雰囲気で会場の聴衆は大引き。
明和電機はアスペルガーなのか、揚げ足とりの老人いじめ
であった。
シンポジウムのタイトルがAIなのにAIの事があまり語られなか
った事が明和電機の不満の原因なのだろうが、人を追い詰める
のはよくない。
シンポジウムのあとメトロポリタン美術展を鑑賞したが、
ろくな作品がなく、予感通りぼったくり美術展だった。
メトロポリタン美術展観覧のあとNAU展の会場を覗いたら、
彦坂さんがいらっしゃたので、少し会話をする。
自分のポートレイトを見せたら、背後が描けていないと
言われてしまった。
本日、さば缶カレー味ご飯。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

善きサマリア人 No.0327

バレンタインデーに無縁な善きサマリア人。
彦坂尚嘉さんの動画を見ていると、人物などの
背後描写についてあれこれ述べておられるが、
人物像の背後は描くものではなく、感じさせる
ものであって、描けていないという表現は正し
くはないだろう。
絵画の中の不足している情報は鑑賞者が想像す
るというのが、絵画の正しい鑑賞法であって、
鑑賞者に想像させる絵画こそが絵画と云える
のだと思う。
所以に長谷川等伯の松林図などの表現は絵画
として良い表現だと思う。





2022.02.13 kazuo Adamski oil on canvas F8 op709
"Good Samaritan No.0327"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年02月12日

大根とにんじんのネギ納豆ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒とりがら 少々
しょうゆ 少々
納豆 2パック
大根 1/6本
長ネギ 1本
にんじん 1/3本
黒ごま 少々
ラー油 少々
あらびきコショー 少々
クミン 少々
米酢 少々

エネルギー 740Kcalくらい
タンパク質 23.2グラムくらい



一言:
明日2月13日は日本の何処かで大地震が起きる
可能性が高いと言われている。
東京で震度7の地震が発生した場合、私の住まいも
描き貯めた作品もすべて消えてしまうことになる
が、その状況でさらに生き続けることはできるだ
ろうか。
運よく、防災用品を入れたリュックを持ち出せたと
しても、それだけで生活していけるわけもない。
地震が起きたら、すべてを諦めよう。
本日、納豆ご飯。
最後の晩餐にしては貧しすぎる。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

2022年02月11日

大根とにんじん・しょうがの厚揚げご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒とりがら 少々
しょうゆ 少々
厚揚げ 300グラム
大根  1/6本 
にんじん 1/3本
しょうが 少量
黒ゴマ 少々
ラー油 少々
あらびきコショー 少々
クミン 少々
米酢 少々

エネルギー 1021Kcalくらい
タンパク質 48.5グラムくらい




一言:
本日、メトロポリタン美術館展に行く予定だった
が、希望時間で当日予約が取れなかったので、13日
の2時のチケットを購入。
チケット2100円と云うのはぼったくり価格だと
思うが、詐欺にあったと思ってあきらめよう。
D払い決済にしたので、支払いは来月末になる。
本日、厚揚げご飯。
美味しくは無いが不味くもない。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

“National Foundation Day”

生きているのが辛い。
才能もないのに絵を描き続けるのは
哀れだね。
どこかで終わりにしたい。



2022.02.11 kazuo Adamski oil on canvas F8 op708
“National Foundation Day”

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論