2022年03月06日

大根とえのき茸の厚揚げご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒とりがら 少々
しょうゆ 少々
厚揚げ 300グラム
大根 1/6本
えのき茸
七味 少々
ラー油 少々
あらびきコショー 少々
七味 少々
クミン 少々
からし 少々
米酢 少々

エネルギー 1021Kcalくらい
タンパク質 48.5グラムくらい




一言:
新しい絵とは何かについて、あれこれ考えて
いるのだが、新しい絵という考え自体が古い
のだと思う。
コンセプチャルアートが新しいかというと
100年も前の思考だし、村上隆が描くドラえもん
だって、40年以上前の生れたキャラクターで
あり新しさもない。
新しさは瞬時に形骸化するものだから、新しさ
など求めるべきではないだろう。
ポートレイトを描くのは古臭いという人もいる
が、人間の顔は人類が絶滅しない限り永遠の
テーマとして残るだろう。
本日も厚揚げご飯。
今日こそは厚揚げは買わない予定でいたが、
厚揚げが半額で売られていたので、つい買って
しまった。
ごちそうさまでした。


posted by monet at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

善きサマリア人 No.0334

ソビエト国歌が好きな善きサマリア人。
現在のロシアは軍事産業と資源だけの国家に
なってしまっているが、かつては優れた作曲家を
多く生んだ国でもある。
ロシアのファインアートにも良い作家が多くいる
が、プーチン政権のもと、いろいろ虐げられてい
る状況なのかも。
ロシア人画家は小さいサイズの張りキャンバスを
パレットにして絵を描く人が多いが、これはなか
なか良い考えだと思っている。
一日も早く、プーチン政権を終了させ、ロシア
芸術を復活させてほしい。
立ち上がれロシア国民。




2022.03.06 kazuo Adamski oil on canvas F8 op723
"Good Samaritan No.0334"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4


ソヴィエト社会主義共和国連邦 国歌
posted by monet at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論