2022年04月30日

にんじんとゴボウのキャベツ納豆ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒とりがら 少々
しょうゆ 大さじ1
納豆 2パック
にんじん 1/2本
ごぼう 少量
きゃべつ小 1/4個
ラー油 少々
七味 少々
あらびきコショー 少々
からし 少量
お酢 少々


エネルギー 740Kcalくらい
タンパク質 23.2グラムくらい



一言:
本日、午後から上野に行き上野の森美術館大賞展と
西洋美術館で常設とコルビュジェ展を見てきた。
上野の森美術館大賞展は審査の怪しさがあり、私は
二度と出品しようと思わないが、大賞の作品を含め
あまり良い絵は無かった。
西洋美術館のほうは、コルビュジェの絵の上手さにび
っくり。
建築家兼画家ということで、絵は趣味のようなものだ
と思っていたら、さにあらず。
制作しているのは本格的な抽象絵画で、そのレベルは
上級で、レジェとかピカソと同程度。
天は二物を与えたという感じ。
本日、キャベツ納豆ご飯。
きょうはネギが高かったので、値の安いキャベツと
混ぜてみた。
キャベツを食べるのは20年ぶりくらいか。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

"The Gift of GOD.”

以前、ユーチューブのコメントでナイス・ポーリングと
書かれたとがあるが、私のしていることはポーリングで
はないと思う。
ポーリングは流動性のあるアクリル絵具をキャンバス
の上から垂らしてその混じり具合を楽しむ技法だが、
私の手法はポーリングではないと思う。
ポーリングは重力任せのところがあるが、私のは意思
が働いているから、違うものだと考える。





2022.04.30 kazuo Adamski oil on canvas F8 op760
"The Gift of GOD”

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論