2017年01月22日

見通し

米国第45代大統領にドナルド・トランプが就任しTPP離脱を
宣言したこで、日本におけるTPP議論も立ち消えていくこと
だろう。
TPPという中身も判らない、結果も予測できないシステムを
妄信的に受け入れようとしていた日本より、離脱宣言をした
トランプのほうが正しい判断と言わざるを得ない。
トランプのヘイトクライム的な要素を個人的には否定するが、
経済や外交問題が前進するのであればヘイトクライムは許容
されるのかもしれない。
嘗て、小室直樹が政治家というものは、きちんと政治ができ
るなら汚職のようなものは許容されると語った通り、トランプ
がきちんと政治をしてくれるなら女性問題やヘイトクライムを
容認することが米国の利益になのかも。
トランプ政権が日本の利益につながるかどうかは為替しだいと
なるが、トランプ政権中枢にゴールドマンサックス関係者が
いることで、今後もドル高方向で推移すると予想している。
米国の輸出産業にとってはドル安のほうが多少メリットはある
が、米国経済の中心であるウォール街にお金が集中したほう
が米国の利益は最大になるだろう。



買い 三精 五洋 不動 ゼニス 重工 石川製作



https://www.youtube.com/watch?v=j6qDv5e0FV0
posted by monet at 10:28 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178503060

この記事へのトラックバック