2017年11月25日

リアリズム

写真や人物を直接見て描いたわけではないので、
細部描写には限界がある。
この絵の仕上がりは妥協だ。もう少し描いても
よいが、描く必要も感じない。
細目のキャンバスなので写実っぽく描かないと
もったいない気がして密に描いているだけ。
一応「反原発」の作品で、100枚並べて完成する
ものなので、この一枚だけ描画密度を上げる必要
もない。
こんなものでいいんだ。



CIMG1120.JPG
2017.11.24 kazuo izu  
oil on canvas F0 
" die if see it 5 times "

スクリーンショット 2017-11-26 05.00.53.jpg


https://www.youtube.com/watch?v=h6LJKFBPalY
posted by monet at 23:12 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181677885

この記事へのトラックバック