2017年11月28日

怪しい白

画面の半分以上覆う白い部分を絵具の白として
みるか、空間としてみるかで作品の印象が違って
くる。
空間に見える部分は空間ととらえればよいだろうし、
白絵具と感じれば、それはそれでいい。
絵画制作のルールからズレたからといって、その
作品が絵画でなくなるわけではない。

誤解、錯覚、失敗、間違いから新しいものが生まれて
くるのだ。

怪しい絵画こそ未来だ。


CIMG0527.JPG

oil on canvas  F10  [530mm x 455mm] 
"China crisis” kazuo izu 2016.02.20

https://www.youtube.com/watch?v=y8ac1Qg-r-8&list=PLeaGvyx20dsFeQwrVgXQzn2x0uz5TqsR8
posted by monet at 09:35 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181695442

この記事へのトラックバック