2017年12月29日

『神の子羊』

自分で描いた絵だが、この絵を見ていると何故か
スルバランの『神の子羊』の絵を思い出す。
背景を黒にしていると云う、ただその共通だけで連想して
いるのかもしれない。
『神の子羊』と同じように手と足をロープで縛った
『神の女子高生』の絵を描こうと構想したことがあるが、
完成しても人には見せられないだろう。
『神の従軍慰安婦』と題して韓国女性の手足をロープで
縛った作品というのも構想してみたが、命の危険がある
ので制作はしていない。

具象絵画というのは時として人心を傷つける可能性も
あるので、気をつけなければならない。


CIMG1078kk.JPG

2017.10.17 kazuo izu  oil on canvas F0 
" die if see it 5 times "


https://www.youtube.com/watch?v=4mBJIbQHTHY
posted by monet at 22:23 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181980242

この記事へのトラックバック