2018年02月11日

不条理

絵画を創作している画家より、絵画を評論する人が偉ぶる。
絵画の価値は制作した画家の顔の良し悪しで決まる。
抽象絵画より、フォトリアリズムが評価される。

不平不満を並べれば切りがないが、不条理と感じる
事が多い。

今の時代が良いと思う人は生き続ければよい。
不満を感じる人は死ねばよいのだろう。

生き続けたところで、不満が募るだけだ。



2014-10-08 20.25.19.jpg
oil on canvas  F10  [530mm x 455mm] 
"Fluctuations” kazuo izu  2014.10.08

https://www.youtube.com/watch?v=e3ETK3fACrU
posted by monet at 00:00 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182369600

この記事へのトラックバック