2018年05月08日

ナビ派?

黒い線が無ければナビ派になっている絵。
ナビ派のボナールの作品は抽象的な具象絵画で、ボナールの
影響を受けた木村忠太は具象的な抽象絵画。
具象絵画と抽象絵画は明確に分かれているわけではなく、
その境界はあってないようなもの。
画面に出現する黒線が具体的な形状を有すれば具象絵画になるし、
黒線が方向だけしか持たない場合は抽象絵画に見える。
木村忠太の作品は絵具の物質性が強調されているので、抽象傾向は
強い。
抽象的具象絵画と具象的抽象絵画、その違いは鑑賞者がどこに
焦点を合わせるかによる。




CIMG1246.JPG

2018.05.07 kazuo izu  oil on canvas F8
"nirvana"


https://www.youtube.com/watch?v=eqqPvg-tD7Q
posted by monet at 01:16 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183178912

この記事へのトラックバック