2018年06月12日

天国

絵を描かない人からすれば、「下手くそな絵」と
いう事になるのだろうが、誰のどの絵と比べて
下手なのかを問うと返答には困るだろう。
写真のような絵が上手で、デフォルメした絵は
下手という解釈が浸透している日本において、
この手を絵を描くのは無意味な行動なのだろう。
フォトリアリズムこそが最高の芸術と公言する
写実画家が多いが、自分の絵に疑問を持たなくなった
時点で芸術家ではなくなっている。
芸術は相場と同じで懐疑のなかで育つものだろう。





CIMG1272.JPG
2018.06.12 kazuo izu  oil on canvas F8 "heaven"


https://www.youtube.com/watch?v=iER-NZ7GoM8
posted by monet at 12:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183518965

この記事へのトラックバック