2019年05月01日

福沢一郎展

本日、竹橋の国立近代美術館が皇太子御即位を祝して入館無料と
なったので、開催中の福沢一郎展を見に行ってきた。
展示作品、前半の科学系画題の作品は古臭い感じはあるものの、
そこそこ良かった。
中盤付近の展示作品ではサルバドール・ダリを想わせる作品があり、
少し胡散臭さを感じてしまった。
後半のアクリル絵具で描いた大きな作品は、ただ絵が大きい
だけで面白みはなかった。
常設で久しぶりに櫃田さんの作品を見たが、直線が細すぎないかと
批評してみた。
常設3階に瑛九の作品が展示してあって、私も一昨年、点の絵を描いた
事を思い出した。
私の点の絵には三角も登場しているから、私の絵のほうが、良くないかと
恐れ多い事を考えた。



CIMG1140.JPG

2017.12.27 kazuo Adamski  oil on canvas F8 
"The growth"
posted by monet at 16:53 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185939219

この記事へのトラックバック