2019年06月22日

善きサマリア人 No.0010

少しというか、かなりF・ベーコン風になってしまった。
F・ベーコンは写真を見ながら絵を描いていたが、私は写真も
何も見ないで描いている。
何も見ないで描くメリットは肖像権を気にする必要が無い事と、
実物のモデルに似せる必要がない事。
デフォルメが目的のポートレイトなので、モデルは必要ない。
顔に見えない顔を描こうとしているのだから、実物の顔を
見ながらかデフォルメしようとすると、かえって困難になる。
あと1000枚も描けばF・ベーコンに追いつける絵が描ける
かもしれない。
F・ベーコンを雲の上の画家と捉えず、アドラー的に、少し前を
歩いていた画家と考えれば、追いつけないこともないだろう。






CIMG1570.JPG
2019.06.22 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0010"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 15:20 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186175192

この記事へのトラックバック