2019年12月08日

善きサマリア人 No.0061

12月に入り、気温も低く絵具の乾きが悪い。
夏場だと半日で指触乾燥するところが、今は丸一日経っても
画面に触れると指に絵具が付く状況。
求めているのはリアリズムではなく、デフォルメだが中途半端
さは否定できない。
次の作品は、アウトラインを強調して、デフォルメを維持しよう。



CIMG1776.JPG
2019.12.08 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0061"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:49 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186893956

この記事へのトラックバック