2021年07月06日

善きサマリア人 No.0253

闇のなかの善きサマリア人。
産まれながら色弱の人たちが初めて色覚補正メガネをかけ見えてくる
色彩に泣き出す動画を見たことがある。
普通に色彩を感じられるというのは幸福なことであり、その色彩を捨て
グレーの絵を描くというのはひねくれている気もする。
モデル無しで描いてる割に、その辺に居そうな人の顔になってしまった。
グレーの絵はこれで止めて、次回からは色彩を楽しもう。





2021.07.06 kazuo Adamski oil on canvas F8 op561
"Good Samaritan No.0253"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:51 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188819503

この記事へのトラックバック