2021年08月01日

天然ぶりのさしみと沢庵ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
米酢 多めぶっかけ
天然ぶりの刺身 少量
つま 少量
たくあん 少量

エネルギー 798Kcalくらい
タンパク質 31グラムくらい


一言:
昨日、岡田斗司夫という人物が"アートは終わった"と語る
切り抜き動画を見た。
ひろゆき同様に視野が狭く知識の浅い発言内容だった。
アートの文脈のなかに村上隆はいるが、村上隆は本流では
なく、アートのカテゴリーのなかの枝葉に過ぎない。
アートの本流は現在でも平面ペインティングであり、
現代アートを語るのであれば、村上隆ではなく、デビッド・
ホックニーやゲルハルト・リヒターを筆頭に語るべきである。
現代アートの本流に現在いるのは、上記の二人のほか、セシリー・
ブラウン、ピーター・ドイグ、ダニエル・リヒター、ヘルナン・バス、
エイドリアン・ゲニーなどで、コンセプチャル・アートというのは
アートのなかの部分に過ぎない。
本日は暑かったので涼しそうな料理にしようと
お刺身を買ってきたが、見た目、あまり美味しそうではない。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188888501

この記事へのトラックバック