2022年07月11日

"Requiem”

参議院選挙が終わった。
山本太郎は6位で当選したものの、生稲晃子に負ける
事態。
さらに、維新の女性候補と各得票数に差があまりない
ことに驚くばかり。
山本太郎を1位当選させない東京都民の民度は低いの
かもしれない。
れいわは2年半で8議席になったわけだから、立派と
いえば立派だ。
わたしの様な赤貧画家には、れいわだけが希望だ。





2022.07.11 kazuo Adamski oil on canvas F8 op808
"Requiem”

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189659892

この記事へのトラックバック