2022年12月05日

"Fractal Impromptu”

作品が他者の模倣にならないで、オリジナルで
あるには絵になる前の作業を繰り返すことで、、
その中に規則性を見出すことがオリジナル作品
を制作する唯一の方法と考えている。
だから、いま私がやっていることは間違っては
いないと思う。
何年後か何十年後かにはオリジナルができて
いるだろう。






2022.12.05 kazuo Adamski oil on canvas F8 op906
"Fractal Impromptu”

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189970070

この記事へのトラックバック