2022年12月07日

善きサマリア人 No.0426

朝からうつな善きサマリア人。
ピカソのデフォルメポートレイトをイラストと
揶揄する人がいるが、あのポートレイトこそが
芸術であると私は考える。
ピカソのデフォルメをイラストと解釈する人たち
は絵画を実践で追求していない人だろう。
ピカソの本当の偉大さを理解するには自らが
筆を持ってポートレイトのバリエーションを
制作する必要があると思う。
ポートレイトを写実に描いたり、大きな空間
を表現することはそんなに難しいことでは
ない。
だって、そういう絵画は絵の勉強をしている
二十歳前後の若者でも表現できることであって、
バリエーションを作っていくことのほうがリア
リズムより遥かに困難であろう。



2022.12.07 kazuo Adamski oil on canvas F8 op907
"Good Samaritan No.0426"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189974162

この記事へのトラックバック