2022年07月02日

"Sonata in G major White”

特定の絵画が芸術か否かは描いた当人が決めること
でも、特定人物が決めることでもなく、やはり歴史
が評価するものだろう。
歴史に決めさせるためには、作品を残す必要があり、
たとえ芸術作品になっていたとしても、残っていな
ければ芸術とは評価されない。
私の作品だって、500年保管されれば、芸術品と
して扱われる日がくるかもしれない。




2022.07.02 kazuo Adamski oil on canvas F8 op802
"Sonata in G major White”

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年07月01日

善きサマリア人 No.0373

暑さに負けた善きサマリア人。
夜、夢の中でも絵を描いていて、ある発見をした
のだが、朝、目が覚めるとどんな発見だったか、
覚えていない。
ただ、何かを発見をしたという記憶は残っている。
私は夢の中ではいつも巨匠なんだ。



2022.07.01 kazuo Adamski oil on canvas F8 op801
"Good Samaritan No.0373"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年06月29日

"The Sheltering Sky”

本作がユーチューブライブ制作800枚目となる。
絵の才能のない人間は800枚描いても良い絵は
描けないということを証明したことになる。
しかし、才能のない人間が1000枚以上描いたら
どうなるかはまだ証明できていない。
だからとりあえす1000枚まで頑張ってみよう。
1000枚達成は恐らく来年の4月末くらいになる
予定。
1000枚描いても良い絵が出てこなければ、次は
2000枚描いて良い絵が出てくるかどうか実証
するしかない。
命つきるまでの果てしない実証実験だ。







2022.06.29 kazuo Adamski oil on canvas F8 op800
"The Sheltering Sky”


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年06月28日

善きサマリア人 No.0372

暑さに苦しむ善きサマリア人。
下手な絵を飽きることなく描き続けることと
いうのも、ある種の才能なのかも。
知能指数が高く、有能な人は、こんな下手な絵
を描き続けることはないだろう。
無意味、無駄な事をやり続けることを世間では
愚かというのだろうが、どんな小石でも積み上げれ
ば家になり城になる。




2022.06.28 kazuo Adamski oil on canvas F8 op799
"Good Samaritan No.0372"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年06月26日

"Amazing Grace”

昨夜、某ユーチューバーのホックニー解説動画をライブ鑑賞。
結局、ホックニーが描くプールの絵は、飛び込み板がペニスで
水しぶきが射精を表しているのかもしれない。
ホックニーという人は性欲が強い割に、エイズパニックから
生き延びたというのは幸運なんだろう。
人生、生きるも死ぬも運しだい。
努力で運命を変えることなんてできるわけがない。
私の場合は、生まれてきたこと自体が罪なので、死ぬまで
罰を与えられるだけの人生になっている。
生れて来たくはなかった。



2022.06.26 kazuo Adamski oil on canvas F8 op798
"Amazing Grace”

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年06月25日

善きサマリア人 No.0371

熱中症寸前の善きサマリア人。
あと3枚制作するとライブ制作800枚となる。
800枚近く描いても良い絵が出てこない。
1000枚越えたら良い作品が出てくると思う
のは幻想かもしれない。
あせらず、死ぬまでに1枚で良いから良い絵を
描いてみたい。







2022.06.25 kazuo Adamski oil on canvas F8 op797
"Good Samaritan No.0371"


Production day 1

Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年06月23日

"White Melody”

昨日、某画廊主のユーチューブ動画をみたら、抽象絵画
というのは絵の下手な人が描くというような発言をして
いて、無性に腹が立ったので低評価のボタンをクリック
しておいた。
私からすると、絵を判らない人が画商になるのであって、
絵が判ってたら自ら絵を描くだろう。
トレースしているリアリズム絵画を上手いという人達は、
絵画の見方をしらないだろう。
画廊主からすれば、私など鼻で笑う存在だろうが、いつ
の日が良い絵を描いて復讐してやろう。
昨日から、ユーチューブのおすすめに玉置浩二「メロディ」
の動画が現われるで鑑賞。
♪あの頃は、何もなくて・・・♪、私の場合は、あの頃も
今も、何もない。
ゆえに、この作品は"White Melody”というタイトルにした。




2022.06.23 kazuo Adamski oil on canvas F8 op796
"White Melody”


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年06月22日

善きサマリア人 No.0370

憂鬱な善きサマリア人。
人生終わったな。







2022.06.22 kazuo Adamski oil on canvas F8 op795
"Good Samaritan No.0370"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年06月20日

"Energy Flow”

抽象芸術が排除してきた、「きれい」や「かわいい」
とか、モノの本質ではない価値が今日アートの主流に
なっている。
しかし、それらはルッキズムであり、アートにおいて
も差別を許すべきではない。
抽象芸術を古いという人は人の存在を否定するのに
等しいと考える。
具象絵画は保守で、抽象絵画はリベラルだ。
抽象絵画のなかにこそ未来はあると考える。





2022.06.20 kazuo Adamski oil on canvas F8 op794
"Energy Flow”


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年06月19日

善きサマリア人 No.0369

憂鬱な善きサマリア人。
坂本龍一さんの病状が思わしくないらしい。
アンディ・ウォーホールなどと同じで神は
栄光と引き換えに健康を奪っているのかも
しれない。
私の場合は真逆で、健康を条件に貧乏を
与えられているのだろう。
私も15分だけでも有名になってみたい。




2022.06.19 kazuo Adamski oil on canvas F8 op793
"Good Samaritan No.0369"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論