2019年07月17日

Training

いつも購入している世界堂の8号中目画布が10%も値上がりした。
ロールキャンバスをカットして、サイズを手書きしている商品
だから、値段と労力があっていないと思うので多少の値上げは
我慢するしかない。
10m巻きのロールキャンバスを購入して自分でカットすれば
安く済むが、ロール1本が19,650円ほどするので躊躇する。
F8号での制作はトレーニングのようなもので、F8号での制作
枚数が1000枚超えてからが本番だろう。




CIMG1596.JPG
2019.07.17 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Training"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:36 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年07月15日

善きサマリア人  No.0016

考えずに描くというのを基本にしているので、当然、思慮の
足りない絵しか描けない。
でも、それでよいと考えている。
考えたところで良い絵にはならないだろう。

日本人は世界一薄情な国民と言われている。
日本では古来より天変地異が多く発生しており、他者を助ければ
自分の命が危ういというのを本能的に感じ、薄情になるのかも。
日本人の家族というのも愛情では繋がっておらず、昔は生活が苦し
くなると年老いた母親は山に捨て、乳飲み子も捨てていた。
現代においては家族関係はお金の繋がりでしかない。
善き日本人と云う絵は描けないので、善きサマリア人を描きながら
善について考える。




CIMG1595.JPG
2019.07.15 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0016"



Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 16:35 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年07月13日

Discrimination

参議院選挙、街頭演説で立候補者は差別をなくそうと
語る。
絵の世界というのは差別そのものであり、差別し区別する
ことで作品の価値が決まる。
作品の価値は画家の価値と同等であり、画家本人がランク付け
される。
現在、個人へのランク付けはカード会社、航空会社などが実施
しているが、ヤフーなども登録ユーザーのランク付けを始めて
いる。
企業の行っているランク付け、企業側は区別というだろうが、
実際は差別でしかない。
不安と同様に差別もお金を産む。
事業収益の上昇が困難な企業ほど差別を作り差別を強めること
で利益を得ようと画策してくるだろう。
差別を作らせないためには、企業の拝金主義を改めさせる必要
がある。



CIMG1594.JPG
2019.07.13 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Discrimination"



Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4

posted by monet at 12:24 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年07月12日

善きサマリア人 No.0015

少しアルル風味のサマリア人となりました。
モデルはいないが、絵を見続けていると誰かの顔に
見えてくる。
デフォルメを強めようと描き始めたものの、描き込む
たびにデフォルメが弱くなる。
歪めようとする意志と歪みを正そうとする本能が画面の
なかで戦っている。
描き始め30分くらいの状態が一番良いデフォルメ
なのかもしれない。




CIMG1593.JPG

2019.07.12 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0015"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 12:59 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年07月10日

LINE

何を描こうかと迷いながら直線を引いていたが、
結局最後まで直線だけ描いていた。
線だけであるが、全体としては色面である。
線と見るか、面と見るかは鑑賞者の自由。
何が描かれているかなどと思考せず、ただ、
体感すれば良し。





CIMG1592.JPG

2019.07.10 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"LINE"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 10:16 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年07月08日

善きサマリア人 No.0014

デフォルメが弱いので退屈な絵になってしまった。
マンガのデフォルメと絵画のデフォルメの違いは何かと
いうと、やはり構成なんだろう。
絵画でデフォルメをする際は、肩のラインと鼻のラインを
繋げるなどして、一つの画面のなかで視点の流れを調整するが、
漫画はコマからコマへの視点誘導をするものなので、一コマ内
での誘導の必要がない。
顔、肩だけでなく、腕や手も描けば、また違うデフォルメを
追求できるが、F8号だと各部位が小さくなりすぎてイラスト
的になってしまう。
次回作は少し強めのデフォルメを追求したい。





CIMG1591.JPG
2019.07.08 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0014"



Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 15:14 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年07月06日

不整合

一見、キュビスム風ですが、片ぼかしで形を探っている
わけではなく、線の組み合わせを探っている作品です。
キュビスムの強さの本質は片ぼかしではなく、三角形だと
考える。
だから、片ぼかしをしなくても三角形の組み合わせだけでも
強い絵ができると考えている。
形を追えば整合性を意識せざるを得ないが、平面と線の関係
では、整合を意識する必要もない。



CIMG1590.JPG
2019.07.06 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Mismatch"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:19 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年07月04日

善きサマリア人  No.0013

モデル無しで描いているサマリア人ですが、描いている
途中から山本太郎の顔に見えてきた。
山本太郎が国会議員になる前、原発停止運動をしている頃、
高円寺駅まで街頭演説を聴きに行ったことがある。
あの頃の山本太郎の周りには左翼が集まっていて、怪しさが
漂っていたが、国会議員になってからは左翼臭は消え何か
期待を感じさせる雰囲気になってきた。
山本太郎がサマリア人かどうかわからないが、立憲民主や
維新の会の議員などのように損得勘定では行動してなさそう。
風は山本太郎に吹いているのだから、現在の野党議員はそれに
気づいて、れいわ新選組に集うべきだと感じる。
国会議員は官僚の代表ではなく、国民・庶民の代表であるべきだ。



CIMG1589.JPG
2019.07.04 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0013"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 15:37 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年07月02日

萎縮

2日目くらいまでは順調だったが、3日目あたりから
画面の小ささが気になり始めた。
絵が小さく見えるというのは、良く言えば空間が排除
できているということだが、実際のとこは構成がよろし
くないという事態。
黒線が細すぎるのが、たいくつさの原因かも。
次回作は少し大きな面で構成していこう。





CIMG1588.JPG

2019.07.02 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"The atrophy"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:03 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年06月30日

善きサマリア人 No.0012

エッジが強いせいか、マンガのようなデフォルメになって
しまった。
あと1日くらい描いてもよいが、フォルムは変わりそうにない
ので、終わりにした。
サマリア人を描き始めてから男ばかり描いているので、どこか
で女性を描いておきたいが、やはり熟女しか描けない。
美少女系の絵を描けば、チャンネル登録者数も増えるだろうが、
美少女というのはエイリアン同等、遠い存在だ。
今月はライブ制作17点、抽象8点、ポートレイト9点で先月より
制作を控えた。
来月はライブ制作と並行してF100号の制作にはいる。



CIMG1587.JPG
2019.06.30 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0012"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 14:24 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論