2020年01月02日

"Confused democracy"

今日は、朝から美術館に行く予定なので、早朝6時から
ライブ制作をした。
正月らしく?ゴージャスな雰囲気の抽象絵画です。
工芸品にならないよう、緩さは残しているが微妙な領域の
作品ではある。
ゲルハルト・リヒターの抽象作品が許容されているのだから、
この作品も絵画の領域に残れるのかもしれない。




CIMG1796.JPG
2020.01.02 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Confused democracy"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 07:48 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年01月01日

善きサマリア人 No.0069

新年早々、デフォルメは失敗した。
しかし、失敗を重ねていれば、いつか良いデフォルメに
出会えるだろう。
今年も地道に描き続けよう。



CIMG1794.JPG
2020.01.01 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0069"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:46 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月30日

"The Flow"

本年2月14日から開始したライブ制作。
この作品が192枚目。
ライブ制作内訳:
アブストラクト 98枚
ポートレイト  89枚
ドローイング   4枚
計      192枚

今年はその他、F100号 2枚、F50号 1枚
S50号 1枚 F30号 1枚 F8号 8枚

大きな作品をもっと描きたいが、お金がないので
小品制作で我慢するしかない。







CIMG1792.JPG
2019.12.30 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"The Flow"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:06 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月29日

善きサマリア人 No.0068

今年は100人分以上のポートレイトを描いているが
なかなか良いデフォルメが見つからない。
このサマリア人シリーズもまだ68枚しか描いていないの
だから、良い絵が描けるのはまだまだ先の事だろう。
年末年始も休まずライブ制作をする予定、今年残り3日
あきらめず良いデフォルメを探そう。



CIMG1791.JPG
2019.12.29 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0068"


Production day 1
Production day 2
Production day 3-1
Production day 3-2
Production day 4
posted by monet at 09:49 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月27日

"The bribery"

色面が細分化したせいでパラつき感は否めない。
何を描いているかを見るのでなく、ただ色彩を楽しむ
絵画です。
このところ睡眠障害のため1時間くらいしか眠れないので、
思考が働かない状態で描き続けている。






CIMG1790.JPG
2019.12.27 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"The bribery"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4

posted by monet at 09:33 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月26日

善きサマリア人 No.0067

この絵を描いている途中、山口薫の馬の絵を想い出した。
若い頃、教わっていた先生が山口薫教室出身のかたで、
山口薫は酒飲みで、顔面蒼白だったとおっしゃっていた。
お酒は一滴でも体に害を与えるらしいので、出来る限り
飲まない方がよいらしい。
年内、ポートレイトはあと1枚は描けそう。




CIMG1789.JPG
2019.12.26 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0067"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 12:55 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月24日

"Release"

このところ、ミドリとアカをぶつけて、その境界にできる
暗色を楽しむという状況。
何が楽しいのかと問われても、自分が楽しめていればそれ
で良いと考える。
鑑賞者の為に制作するというのは、やはり製品であって、
絵描きが求める世界ではない。
自己満足できる作品こそが自分にとって最高の出来なん
だろう。



CIMG1788.JPG
2019.12.24 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Release"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:06 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月23日

善きサマリア人 No.0066

制作1日目の終わりあたりが良いデフォルメだったが、
2日目から気まぐれで点描に移行。
点描でフォルムを探ったが愚行だった。
ポートレイトは年内に、あと2枚は描けそう。
再度、良いデフォルメを探そう。



CIMG1787.JPG
2019.12.23 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0066"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:08 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月21日

"Incident"

色弱の人には色の境界が判別しにくい色彩になっている。
今の時代、バリアフリーな絵画を描くべきなのかもしれないが
バリアフリー絵画を追求すれば、モノクロで描くしかない。
色弱の人には申し訳ないが、色を感じられる自分は色彩を
楽しみたいと思う。






CIMG1786.JPG
2019.12.21 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Incident"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:33 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月20日

善きサマリア人 No.0065

なかなか良いフォルムが見えてこない。
鼻を歪めてはいるものの、デフォルメに見えない事態。
問題の解決方法は多産しかない。
めげないで、次回作をがんばろう。



CIMG1785.JPG
2019.12.20 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0065"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 15:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論