2018年10月01日

絵の題名

最近、描き終えた絵に題名をつけるのを
さぼっている。
適当に付ければよいのだが、その気力も失せて
いる。
以前、ヤフーオークションに何処かの誰だかが
出品していた裸婦画に「ラブホテル」という題名が
付いており、笑ったことがある。
同じく出品されていた裸婦画の「芽生え」というのも
笑えた。
自分の絵は外国人に向け発信しているので、題名は
英語でつけるようにしている。
今の日本人はフォトリアリズム・ハイパーリアリズムに
しか興味がない様なので、抽象メインの私などは外国人
向けに題名を付けるしかない。


CIMG1353.JPG
2018.10.01 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "Untitled"

https://www.youtube.com/watch?v=ov1xwCQULSY
posted by monet at 22:02 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年09月27日

『餃子の耳飾りのおばさん』

フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』の絵を模写すれば
お金になるのではないかと目論んでみたが、小銭のために
無駄な時間を過ごすべきではないと思い自前の絵を描くこ
とにした。
一応、少女を描く予定であったが、いつのまにか、おばさん
顔になっていた。
モデルがいるわけではないので、適当な肖像画。
餃子の耳飾りをしている女性を中野区では見かけたことはないが、
宇都宮あたりだと大勢いそうだ。





CIMG1352.JPG
2018.09.26 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "Auntie With a Gyoza Earring"


https://www.youtube.com/watch?v=BC-YC7a1h0w
posted by monet at 00:00 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年09月26日

絵柄とサイズ

F8号に描いた抽象作品だが、このタイプの絵柄は
100号以上のサイズに描くと見栄えがすると思う。
落書きにしか見えないかもしれないが、手数は落書きの
範疇を超えているだろう。
理解できない絵画作品を落書きと云って茶化す人がいるが、
バスキアの絵画なんて、落書きそのものであり、その落書きが
一般人の生涯賃金の100倍である123億円の価値を持っている。




CIMG1350.JPG
2018.09.24 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "Untitled"

https://www.youtube.com/watch?v=V2hwp9gSows
posted by monet at 21:50 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年09月23日

棒縁

材料・工具
板材:1820mm×45mm×9mm 単615円×4 2,460円
キリ:100円ショップ 108円
ビス:100円ショップ 108円(使用20mm×6本)
総合計:2,676円

シマホで板材14mm厚だと一枚800円代なので、けちって9mm厚を
購入。
一応、裏止め用の金具は購入したが、シンプルに側面打ちで
処理しようと考えている。


CIMG1349.JPG

https://www.youtube.com/watch?v=usNsCeOV4GM
posted by monet at 04:51 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年09月21日

2500円

10月から上野で開催されるフェルメール展は入場予約制で
チケットは2500円である。
目玉の「牛乳を注ぐ女」の絵は8号という小ささなので、
鑑賞者の群がりを制限するための予約入場なのだろう。
グーグルアートで原寸以上の拡大画像が見れるので、2500円
を払ってまで見に行く必要もないと思う。
現在、食費を週2500円まで落としている私には高嶺の花。

8月から描いていたF100号の抽象作品が昨日置いた一筆でほぼ
完成した。
クサカベのグレージングバニスを使用している部分が乾燥していない
ので、乾く間にもう少し加筆するかもしれない。
ウェブ公開は12月になりそう。




CIMG1348.JPG
2018.09.19 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "Untitled"

https://www.youtube.com/watch?v=TqyLnMa3DJw&t=2112s
posted by monet at 03:34 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年09月15日

抽象小品

100号サイズの絵画は画面から2・3メートル離れないと
全体像が見えないが、8号くらいのサイズだと腕を伸ばした
距離で全体が見える。抽象小品の唯一の良さか。

団体展の新制作や独立展などは130号を2点出品しないことに
は入選も難しいらしい。
130号を2点描くとキャンバス代と絵具代で10万円は掛かって
しまう。
搬入搬出費用を足すと総額で15万円くらいの出費になる。
15万円かけて入選もしなければ悲惨である。

フェルメールの「牛乳を注ぐ女」や「真珠の耳飾りの少女」
などは8号の大きさだ。
画面の大きさと作品の良さは比例しない。

(参考データ
F8 455mm×380mm 張りキャンバス1枚 700円
F100 1,620mm×1,303mm 張りキャンバス1枚 14,000円
F130 1,940mm×1,620mm 張りキャンバス1枚 35,000円


CIMG1346.JPG
2018.09.15 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "Untitled"


https://www.youtube.com/watch?v=jUplY_GlDbg
posted by monet at 22:15 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年09月08日

The Milkman(牛乳を垂らす男)

F100号抽象作品の絵具を厚くした関係で、絵具が固まるまでの
筆休みに描いた具象画。
モデルはいないので適当な作品。
描き始めは首を傾げた構図だったが、いつのまにか垂直像になって
しまった。
傾斜を正そうとする本能のようなものが働いたのかもしれない。
写真写りは良くないが、実物はまだ見れる状態。
アルソルバンキャンバスのせいか、見る角度によって質が違って
観える。

しかし、ちょっと下品だったかな。
さすがに、この作品を星乃珈琲絵画コンテストに応募することは
できない。





CIMG1345.JPG
2018.09.08 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "The Milkman"

https://www.youtube.com/watch?v=mLRjFWDGs1g
posted by monet at 22:22 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

kazuo Adamski

日本人姓を捨て、アダムスキーとして生きていこうと
考えているが、戸籍の姓までアダムスキーに変えるのは
さすがに無理だろう。
阿田夢数寄に改名できるのであればしてみたい。


CIMG1344.JPG
018.09.05 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "Untitled"


https://www.youtube.com/watch?v=wygy721nzRc&t=540s
posted by monet at 14:57 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年09月03日

絶望

涼しいのはうれしいが気分がふさぐ。

これから気温の下降とともに絶望感はより深くなる。

絶望の先に何があるのか。



CIMG1341.JPG
2018 08-09 kazuo adamski F100 portion


https://www.youtube.com/watch?v=kn1gcjuhlhg

posted by monet at 21:15 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年09月02日

Woman

この絵を描きながら、林真須美さんは元気にしているのだろうか
と思った。
林真須美さんと知り合いではないが、動機も自白もないのに
犯人にされ死刑待ちの状態は辛かろう。
日本の司法は推定無罪ではなく、推定有罪でシナリオが作られ、
捜査されていくから、疑わしくはすべて有罪となる。
日本というのは民主主義で情報公開の国家であると思っているが、
実際、民主革命など経験もしていないし、隠し事も多すぎる。
この国の役人、官僚、政治家のやっていることは総じて怪しい。




CIMG1340.JPG
2018.09.01 kazuo izu  oil on canvas F8 "Woman"



https://www.youtube.com/watch?v=ZhfWiU8wGCc
posted by monet at 20:07 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論