2018年10月17日

ポートレイト

ロールキャンバスをカットした端切れに枠を作っている
ので、変形8号サイズになっている。
人物の半身像を描くのであれば、このくらいの比率のほう
がよいかもしれない。
キャンバス規格のFigura枠は人物に適しているとされてい
るが、座位ポーズとかでないと構成がむずかしい比率だ。
ポートレイトをあと1枚描いて、F8号の抽象に移る予定。
来月からはF50号の抽象の制作に入りたいが、生きていれば
の話。



CIMG1368.JPG
2018.10.17 kazuo Adamski  oil on canvas 480mm×220mm
"Portrait of Mr.B"

https://www.youtube.com/watch?v=nEYyhGidL44
posted by monet at 15:30 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月15日

貧乏画家

長谷川利行、谷中安規、共に昭和前期に生きた貧乏画家。
産まれた年こそ違うが共に49歳で亡くなっている。
長谷川利行は胃潰瘍悪化の胃がんによる衰弱死。
谷中安規は餓死。
ともに超がつく貧乏のなかでも制作を続けた画家である。
私も貧乏ではあるが、このふたりに比べれば貴族のような
ものかもしれない。

下の作品は規格サイズではない。
カットキャンバスに適当に枠を作ったものであり、変形8号
というところか。


CIMG1367.JPG
2018.10.15 kazuo Adamski  oil on canvas 480mm×228mm
"Portrait of Mr.A"

https://www.youtube.com/watch?v=2ccaHpy5Ewo
posted by monet at 21:51 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月13日

Minority

モデル無しのポートレイト画。女性を描いていた
つもりだが、いつの間にか性別不詳の人物像に
なっていた。
写真だと妙に違和感のある絵だが、実物はそんなに
ひどくはない。
カメラのラチュードは人間の眼よりかなり狭い。




CIMG1365.JPG
2018.10.15 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "The Minority" 
CIMG1361.JPG
2018.10.13 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "The
Minority" portion
CIMG1362.JPG
2018.10.13 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "The
Minority" portion
posted by monet at 13:49 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

色即是空

絵画と云うものは視点を動かしながら心の揺れを
楽しむものである。
描かれているものが何であるかなど、どうでもよかった
りする。
肝心なのは視点を誘導する仕掛けがあるかどうかだ。



CIMG1357.JPG
2018.10.12 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "Untitled"

https://www.youtube.com/watch?v=2tcJLZt6Cnc&t=1418s
posted by monet at 07:16 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月12日

Let's 自炊ゲルハルト・リヒター

現代ドイツの画家ゲルハルト・リヒターの絵画作品は80号サイズが
数億円で取引されている。
リヒターの作品を購入できない貧乏人は自炊でリヒター風作品を
描いてみよう。
意外と簡単にそれらしい作品ができたりする。
10枚も制作すれば、あなたも贋作者の仲間入り。
ハン・ファン・メーヘレン、ジョン・マイアットに次ついで殿堂入りも
夢ではない・・・。

CIMG1354.JPG
2018.10.12 kazuo Adamski  oil on canvas F0 "Untitled"


https://www.youtube.com/watch?v=ol50CA0WQEk
posted by monet at 23:12 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月01日

絵の題名

最近、描き終えた絵に題名をつけるのを
さぼっている。
適当に付ければよいのだが、その気力も失せて
いる。
以前、ヤフーオークションに何処かの誰だかが
出品していた裸婦画に「ラブホテル」という題名が
付いており、笑ったことがある。
同じく出品されていた裸婦画の「芽生え」というのも
笑えた。
自分の絵は外国人に向け発信しているので、題名は
英語でつけるようにしている。
今の日本人はフォトリアリズム・ハイパーリアリズムに
しか興味がない様なので、抽象メインの私などは外国人
向けに題名を付けるしかない。


CIMG1353.JPG
2018.10.01 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "Untitled"

https://www.youtube.com/watch?v=ov1xwCQULSY
posted by monet at 22:02 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年09月27日

『餃子の耳飾りのおばさん』

フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』の絵を模写すれば
お金になるのではないかと目論んでみたが、小銭のために
無駄な時間を過ごすべきではないと思い自前の絵を描くこ
とにした。
一応、少女を描く予定であったが、いつのまにか、おばさん
顔になっていた。
モデルがいるわけではないので、適当な肖像画。
餃子の耳飾りをしている女性を中野区では見かけたことはないが、
宇都宮あたりだと大勢いそうだ。





CIMG1352.JPG
2018.09.26 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "Auntie With a Gyoza Earring"


https://www.youtube.com/watch?v=BC-YC7a1h0w
posted by monet at 00:00 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年09月26日

絵柄とサイズ

F8号に描いた抽象作品だが、このタイプの絵柄は
100号以上のサイズに描くと見栄えがすると思う。
落書きにしか見えないかもしれないが、手数は落書きの
範疇を超えているだろう。
理解できない絵画作品を落書きと云って茶化す人がいるが、
バスキアの絵画なんて、落書きそのものであり、その落書きが
一般人の生涯賃金の100倍である123億円の価値を持っている。




CIMG1350.JPG
2018.09.24 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "Untitled"

https://www.youtube.com/watch?v=V2hwp9gSows
posted by monet at 21:50 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年09月23日

棒縁

材料・工具
板材:1820mm×45mm×9mm 単615円×4 2,460円
キリ:100円ショップ 108円
ビス:100円ショップ 108円(使用20mm×6本)
総合計:2,676円

シマホで板材14mm厚だと一枚800円代なので、けちって9mm厚を
購入。
一応、裏止め用の金具は購入したが、シンプルに側面打ちで
処理しようと考えている。


CIMG1349.JPG

https://www.youtube.com/watch?v=usNsCeOV4GM
posted by monet at 04:51 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年09月21日

2500円

10月から上野で開催されるフェルメール展は入場予約制で
チケットは2500円である。
目玉の「牛乳を注ぐ女」の絵は8号という小ささなので、
鑑賞者の群がりを制限するための予約入場なのだろう。
グーグルアートで原寸以上の拡大画像が見れるので、2500円
を払ってまで見に行く必要もないと思う。
現在、食費を週2500円まで落としている私には高嶺の花。

8月から描いていたF100号の抽象作品が昨日置いた一筆でほぼ
完成した。
クサカベのグレージングバニスを使用している部分が乾燥していない
ので、乾く間にもう少し加筆するかもしれない。
ウェブ公開は12月になりそう。




CIMG1348.JPG
2018.09.19 kazuo Adamski  oil on canvas F8 "Untitled"

https://www.youtube.com/watch?v=TqyLnMa3DJw&t=2112s
posted by monet at 03:34 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論