2018年11月04日

リリカル

抽象絵画と工芸品との境界線にあるような絵。
現象を追うと工芸品のような絵になってしまう。
このタイプの絵でも100号以上で絵具を厚く盛れば、
工芸品的安っぽさは回避できるかも。

昨日、千葉県立美術館まで白日会会長・中山忠彦さんの
作品を見に行ってきた。
絵の題材は好きではないが、人物の色調は絶妙である。
極めて教科書的は絵画ではあるが、学ぶところは多い。
そもそも、他人の奥さんの肖像画を買おうという人が
いるのが不思議である。
ましてや、人妻の裸体像など買ってどうするのと思う。

美術館展示会場に中山さんご本人がいらっしゃったが、
軽く頭を下げて通リすぎた。





CIMG1383.JPG
2018.11.04 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"The Border"

https://www.youtube.com/watch?v=Lm7b-32Mpbs
posted by monet at 13:37 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年11月01日

Mr.E

モデルがいるわけではないので、誰を描いて
いるのかと問われても返答はできない。
ただ、世界中を探せば、『Mr.E』とそっくり
な人がいたりするだろう。
誰でもない誰かを描いていると誰でもない誰かと
どこかで巡り会えたりするかもしれない。


CIMG1379.JPG
2018.11.01 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Portrait of Mr.E"

https://www.youtube.com/watch?v=bMbFZ_co2MY
posted by monet at 12:33 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

変形

縦長画面だと上下の方向性が強くなる
ので、スクエアとは違った絵柄になる。
S50号の制作は来週末からになりそう。
それまでにF8号の抽象と具象1枚づつ
描けるだろう。



CIMG1378.JPG
2018.10.30 kazuo Adamski  oil on canvas  
500mm×227mm "Purple Rain"


https://www.youtube.com/watch?v=pCIAXFpQvoY
posted by monet at 12:00 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月31日

抽象絵画からの離脱

思考が抽象絵画からコンセプチュアル・アートに移りつつ
ある。
コンセプチュアル・アートは概念芸術なので、画面が白色
一色だけになったり、キャンバスに鉛筆で線を一本描いた
だけになるかもしれない。




CIMG1377.JPG
2018.10.30 kazuo Adamski  oil on canvas
 F8 "No hope"

https://www.youtube.com/watch?v=SiijZmW9jKM
posted by monet at 23:38 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月27日

秋深き

芭蕉は「秋深き・・・」の句を詠んでから13日後に
亡くなった。享年五一歳
俳句に季語があるように、絵画も季節によって色調や
スタイルを変えても良いのかも。
秋に春のような絵を描いたり、老いた画家が若者の
ような絵を描くのも違う気がする。
逆らわず、流れに沿うのが良い。



CIMG1375.JPG
2018.10.26 kazuo Adamski  oil on canvas
 F8 "close"

https://www.youtube.com/watch?v=MWgQXlSQ7Dk
posted by monet at 09:00 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月26日

Mr.D

Mr.AからMr.Dまで4人分描いたので、どうせなら
Mr.Zまで26人分描いてしまおうか。
26枚描けば、何か見えてくるものがあるかもしれ
ない。
被爆者シリーズは結局94枚くらいで止めてしまったが、
得たものがあるかどうかは先になってみないとわから
ない。
しかし、「継続は力なり」で、続けていれば何か得る
ものはあるだろう。


CIMG1374.JPG
2018.10.26 kazuo Adamski  oil on canvas
 F8 "Portrait of Mr.D"


https://www.youtube.com/watch?v=b7SrEGkZAqk&list=PLoLYOmJnsmKLySOI7bYy6k0HpgDQgzRI9
posted by monet at 10:18 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年10月23日

4本線

地は淡いミドリとブルーの混色。
4本の線は濃いミドリの上に赤色を重ねている。
細線なので写真では確認できないだろう。
バンクシーのシュレッダースピードで上から
下へ視線をゆっくりと移動させればいい。



CIMG1372.JPG
2018.10.23 kazuo Adamski  oil on canvas 540mm ×240mm
 "4 lines"


https://www.youtube.com/watch?v=QNRxHyZDU-Q
posted by monet at 21:01 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論