2018年11月17日

アルソルバンキャンバス

昨年、お客さんから頂いたアルソルバンのロールキャンバス
も残りあと少しとなった。
残りはF8号サイズが15枚くらい取れるかどうか。
アルソルバンキャンバスは吸収性キャンバスなので緻密な
具象絵画に向いているが、私はその脆い地塗りの上に絵具を
厚塗りしていたりする。



CIMG1394.JPG
2018.11.14 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Calculative"

https://www.youtube.com/watch?v=38uEZN5-Hqg
posted by monet at 16:22 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年11月14日

抽象絵画と概念芸術

抽象絵画は抒情的であれば絵画空間が発生するが、
概念芸術、いわゆるコンセプチャルアートになる
と、絵画空間は存在せず、ほぼ図形となる。
現在、制作中のS50号の概念絵画作品も画面の6割が
白地というものなので、絵画の領域からは外れた
ものになっている。仕上がりは来年4月頃を予定。
完成しても粗大ゴミでしかないのかも。

今月下旬から来年1月にかけてはF100号に具象を
描く予定でいる。


CIMG1395.JPG
2018.11.14 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Tomorrow"

https://www.youtube.com/watch?v=Vls4h1GAP-c
posted by monet at 23:06 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年11月12日

イラストレーション

なんだかイラストレーションになってしまったので、
仕上げようという気にならなくなった。
絵画とイラストレーションに境界線はある。
ベクシンスキーの絵はイラストレーションなんだ
と思う11月12日。



CIMG1390.JPG
2018.11.12 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"alien Unfinished"

https://www.youtube.com/watch?v=TqyLnMa3DJw
posted by monet at 15:18 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年11月11日

コンセプチュアル・アート

11月8日からS50号の制作を始めた。
ジョイフル本田で購入した木製シナベニアパネルに
グロスメデューム200mlを塗り、その上にジェッソを
160ml分くらい塗った。
仕上がり予定は来年3月末。


CIMG1388.JPG
S50 portion


https://www.youtube.com/watch?v=edKE10Yz_zs&list=PLE3CF6DE5546402EB&index=3
posted by monet at 02:50 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年11月07日

Stranger

エイリアン系の絵を少し描いてみようと思う。
エイリアンは存在するが、たまたま、地球に到着
できていないだけのことであって、この先、未来に
おいて地球にエイリアンが降臨することは確実だろう。
人の姿に似ているのか、昆虫のような生命体なのか
不明だが、何枚か、何十枚か描けば、その姿に辿り
着けるかもしれない。




CIMG1387.JPG

2018.11.07 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Stranger"


https://www.youtube.com/watch?v=xzuv4VKo6Og
posted by monet at 18:49 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年11月05日

Mr.F

描いておきたい絵があるので、この絵は
早めに切り上げ。
もう少し描いても良いが、描いてもさほど
代り映えしそうにない。
これはこれで良しとしましょう。


CIMG1384.JPG
2018.11.05 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Mr.F Strangle"

https://www.youtube.com/watch?v=brOhlrK_4SY&t=1582s
posted by monet at 10:59 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2018年11月04日

リリカル

抽象絵画と工芸品との境界線にあるような絵。
現象を追うと工芸品のような絵になってしまう。
このタイプの絵でも100号以上で絵具を厚く盛れば、
工芸品的安っぽさは回避できるかも。

昨日、千葉県立美術館まで白日会会長・中山忠彦さんの
作品を見に行ってきた。
絵の題材は好きではないが、人物の色調は絶妙である。
極めて教科書的は絵画ではあるが、学ぶところは多い。
そもそも、他人の奥さんの肖像画を買おうという人が
いるのが不思議である。
ましてや、人妻の裸体像など買ってどうするのと思う。

美術館展示会場に中山さんご本人がいらっしゃったが、
軽く頭を下げて通リすぎた。





CIMG1383.JPG
2018.11.04 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"The Border"

https://www.youtube.com/watch?v=Lm7b-32Mpbs
posted by monet at 13:37 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論