2022年06月23日

にんじんとえのき茸のにんにくサバ缶ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒とりがら 少々
カレー粉(赤缶) 大さじ1
さば水煮缶 150グラム
にんじん 1/2本
えのき茸
にんにく 4片
ラー油 少々
あらびきコショー 少々
七味 少々
米酢 少々


エネルギー 752Kcalくらい
タンパク質 24.2グラムくらい





一言:
絶望の日々。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

"White Melody”

昨日、某画廊主のユーチューブ動画をみたら、抽象絵画
というのは絵の下手な人が描くというような発言をして
いて、無性に腹が立ったので低評価のボタンをクリック
しておいた。
私からすると、絵を判らない人が画商になるのであって、
絵が判ってたら自ら絵を描くだろう。
トレースしているリアリズム絵画を上手いという人達は、
絵画の見方をしらないだろう。
画廊主からすれば、私など鼻で笑う存在だろうが、いつ
の日が良い絵を描いて復讐してやろう。
昨日から、ユーチューブのおすすめに玉置浩二「メロディ」
の動画が現われるで鑑賞。
♪あの頃は、何もなくて・・・♪、私の場合は、あの頃も
今も、何もない。
ゆえに、この作品は"White Melody”というタイトルにした。




2022.06.23 kazuo Adamski oil on canvas F8 op796
"White Melody”


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年06月22日

にんじんとエリンギの納豆ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒とりがら 少々
しょうゆ 大さじ1
納豆 2パック
にんじん 1/2本
エリンギ 2本
あらびきコショー 少々
七味 少々
ラー油
からし 少々
米酢 少々

エネルギー 846Kcalくらい
タンパク質 30.4グラムくらい




一言:
ごちそうさまでした。
posted by monet at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

善きサマリア人 No.0370

憂鬱な善きサマリア人。
人生終わったな。







2022.06.22 kazuo Adamski oil on canvas F8 op795
"Good Samaritan No.0370"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2022年06月21日

じゃがいもとごぼうの蒸し大豆カレー味ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒とりがら 少々
カレー粉(赤缶) 大さじ1
じゃがいも 1個
ごぼう 少量
蒸し大豆 100グラム
ラー油 少々
あらびきコショー 少々
七味 少々
米酢 少々


エネルギー 892Kcalくらい
タンパク質 26.6グラムくらい




一言:
生きる気力がない。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

2022年06月20日

ごぼうとエリンギの納豆ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒とりがら 少々
しょうゆ 大さじ1
納豆 2パック
ごぼう  少量
エリンギ 3本
あらびきコショー 少々
ラー油
からし 少々
米酢 少々

エネルギー 846Kcalくらい
タンパク質 30.4グラムくらい




一言:
本日は夏日で暑い。
これから2ヶ月は暑さとの闘いなる。
東京に50℃という熱波が襲ってきた場合、
私は生き残れないだろう。
本日、納豆ご飯。
アースカラーで地味だが美味しい夕飯。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

"Energy Flow”

抽象芸術が排除してきた、「きれい」や「かわいい」
とか、モノの本質ではない価値が今日アートの主流に
なっている。
しかし、それらはルッキズムであり、アートにおいて
も差別を許すべきではない。
抽象芸術を古いという人は人の存在を否定するのに
等しいと考える。
具象絵画は保守で、抽象絵画はリベラルだ。
抽象絵画のなかにこそ未来はあると考える。





2022.06.20 kazuo Adamski oil on canvas F8 op794
"Energy Flow”


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論