2021年07月21日

善きサマリア人 No.0258

熱中症寸前の善きサマリア人。
暑い中、現代美術の文脈とやらを考える。
デュシャンが小便器展示により、作品と概念を分離させたその
文脈は村上隆のドラえもん作品にもみられ、あれは大衆物で
あるドラえもんをアートの現場に引っぱり出してきたことに
価値があるのであって、描かれているドラえもんの線や配色が
綺麗だという問題ではない、よってドラえもんは概念であって、
描かれるものはドラえもんでもアンパンマンでもなんでもよい
のだろう。
現代美術は疑念だけのものになっているから、描画技術が作品に
問われることは無い。
概念だから実際の作品が存在する必要もない。
現代美術の文脈というのは結局、芸術作品の存在の否定なのだろう。






2021.07.21 kazuo Adamski oil on canvas F8 op571
"Good Samaritan No.0258"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2021年07月20日

玉ねぎとえのき茸の鶏むねひき肉ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒鶏ガラスープ 少々
しょう油 少々
オリーブオイル 少々
鳥むねひき肉 130グラム
えのき茸
玉ねぎ 1個
唐辛子 1本
七味 少々
コショー 少々
ラー油 少々
米酢 多めぶっかけ

エネルギー 828calくらい
タンパク質 34グラムくらい




一言:
ユーチューブで絵画論を語る絵を描いてないアーティストに
苛立つ。
一部の絵画表現をつまらないと嘲るのは多様性の否定であり、
嘲りから生れるものは何一つない。
アーティストと名乗る人達の動画を見るのはもう止めた。
本日、鶏むねひき肉130グラムパックを30円引きのシールに
つられて買ってしまった。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

2021年07月19日

じゃがいもとトウモロコシの豚ひき肉ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒鶏ガラスープ 少々
しょう油 少々
オリーブオイル 少々
豚ひき肉 110グラム
とうもろこし 1本
じゃがいも 1個
唐辛子 1本
七味 少々
コショー 少々
ラー油 少々
米酢 多めぶっかけ

エネルギー 915calくらい
タンパク質 34.3グラムくらい



一言:
連日暑い日が続いていて扇風機を強に設定しているが、
聴力が弱っているせいか扇風機の駆動音が聴こえない。
ユーチューブで音楽を聴いても、以前に聴いた曲と全然
違う曲を聴いているような感じだ。
特定周波数音が聴き取れなくなっているようだ。
きょう買ったじゃがいもは小さかった。
ごちそうさまでした。

posted by monet at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

“Convergence in summer”

ここ数日考えていること。
芸術論というのは当事者でない外部の人間の言葉遊びであって、
その外部の言葉に振り回されてはいけない。
絵を描いている人間は芸術云々を考える前に、鉛筆を持って
ドローイングしてる方が良い。
思考は過去の言葉の組み合わせであって、ドローイングは
現在瞬時の現象であり未来と繋がっている。






2021.07.19 kazuo Adamski oil on canvas F8 op570
“Convergence in summer”

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2021年07月18日

ゴーヤの鶏むねひき肉ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒鶏ガラスープ 少々
しょう油 少々
オリーブオイル 少々
鳥むねひき肉 120グラム
ゴーヤ 1本
唐辛子 1本
七味 少々
コショー 少々
ラー油 少々
米酢 多めぶっかけ

エネルギー 808calくらい
タンパク質 32グラムくらい



一言:
ゴーヤはあまり好きな食材ではないが、栄養がありそうなので
安売り時に買って食べている。
種が美味しくない。種を捨てればいいが勿体無いから食べている。
ごちそうさまでした。
posted by monet at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯

善きサマリア人 No.0257

東京の新規感染者数に慄く善きサマリア人。
現代アートの文脈という言葉をよく見聞きするが、現代アートの
発端とされるデュシャンの小便器展示から、作品と概念が分離し
概念だけが一人歩きしているのが、いまの現代アートの文脈だ。
概念だけを追う人たちにとって、絵画などは現代アートには属さず、
絵画イコール古い表現方法と規定する。
文脈とかいう人たちは概念の進化を信じているのだろうが、進化の
先にあるものは終焉であって、永遠の進化はありえない。
現代アートの概念は、いづれボーダレスとなり「リーマン予想」こそ
が現代アートという時代が来るかもしれない。
しかし、その時、アートと云う概念は消滅するだろう。




2021.07.18 kazuo Adamski oil on canvas F8 op569
"Good Samaritan No.0257"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2021年07月17日

トウモロコシとえのき茸の豚こま切れ肉ご飯。

レシピ:
米 1合
水 270ml
顆粒鶏ガラスープ 少々
しょう油 少々
オリーブオイル 少々
豚こま切れ肉 110グラム
トウモロコシ 1本
えのき茸
しょうが 少量
唐辛子 1本
七味 少々
コショー 少々
ラー油 少々
米酢 多めぶっかけ

エネルギー 915calくらい
タンパク質 34.3グラムくらい




一言:
トウモロコシがお安かったのでトウモロコシご飯。
ジャガイモがも食べたかったが、皮をむくのが面倒
なので、えのき茸にした。
見た目は良くないが結構おいしい料理になっている。
ごちそうさまでした。

posted by monet at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵描き飯