2019年12月17日

善きサマリア人 No.0064

また中途半端なデフォルメになってしまった。
これは癖というより精神疾患の現象なのかもしれない。
もっと壊さなければ先はない。





CIMG1783.JPG
2019.12.17 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0064"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:43 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月15日

"Conflict and Fusion"

昨日、年末ジャンボ宝くじをバラ10枚購入した。
1等7億円が当選することは無いだろうが、半月だけ良い
夢がみられる。
7億円当選すれば、広いアトリエに移って、絵具使い放題の
生活ができる。
100号サイズの作品を毎月20枚くらい描いても余裕で生活できる
だろう。
夢を見る事だけが唯一の生きる希望だ。


CIMG1782.JPG
2019.12.15 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Conflict and Fusion"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:42 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月14日

善きサマリア人 No.0063

12日に実施された英下院総選で保守党が大勝しブレグジットが
確実となった。
現在、絵を描くのに利用しているW&Nのリクインは製造はフランスだが、
販売元のW&Nはロンドンの会社だ。
製造しているフランスから直接日本に輸入されているなら販売価格に
変動はないだろうが、ロンドン経由で日本に輸入された場合、ブレグジット
の影響で、販売価格が値上がりするかもしれない。
20%高になるようだと、ブレグジット前に買いだめするしかない。




CIMG1781.JPG
2019.12.14 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0063"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:13 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月12日

"Contingency"

偶然に現れるフォルムこそ本質なんだ。

by Kazuo Adamski



CIMG1779.JPG
2019.12.12 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Contingency"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 15:19 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月11日

善きサマリア人 No.0062

良いデフォルメとは言えないが、最後まで歪みは維持
できた。
写真画像ではわからないだろうが、服のストライプ柄
の色味は良い感じだ。
次回はもう一段、デフォルメを深めよう。





CIMG1778.JPG
2019.12.11 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0062"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 13:06 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月09日

"Polovtsian Dances"

寒くなってきた。
絵を描く意欲はあるが、生きる気力がない。







CIMG1777.JPG
2019.12.09 kazuo Adamski  oil on canvas   F8 
"Polovtsian Dances"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4

Polovtsian Dances
posted by monet at 13:47 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2019年12月08日

善きサマリア人 No.0061

12月に入り、気温も低く絵具の乾きが悪い。
夏場だと半日で指触乾燥するところが、今は丸一日経っても
画面に触れると指に絵具が付く状況。
求めているのはリアリズムではなく、デフォルメだが中途半端
さは否定できない。
次の作品は、アウトラインを強調して、デフォルメを維持しよう。



CIMG1776.JPG
2019.12.08 kazuo Adamski  oil on canvas  F8
"Good Samaritan No.0061"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 11:49 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論